1:2016/04/01(金) 12:34:33.47 ID:
デイリー・メール・オンラインによると、木曜日、米国企業のマクドナルドが今後5年間で中国、香港、韓国で1,500店舗以上の新店舗開店を行う計画を発表しました。
 
マクドナルドはこれらの地域を“高成長市場”と位置付けているようで、新店舗の開店余地が多く残されていると判断をしているようです。
 
アメリカのファーストフードの巨人は、これらの地域に既に2,800以上の店舗を展開しており、大部分が直営店舗です。既に多数の店舗を展開している地域に、さらに店舗を増加させるという事で、いかにマクドナルドが中国、韓国地域を重視しているのかが窺えます。
ebc396c5.jpg