girl-147788_640_201604051214316f0.png 
(イメージです。)


1
:2016/04/04(月) 22:07:54.66 ID:
 ■高月靖氏リポート

 世界的に暗躍する韓国の国際売春組織が摘発された。日本をはじめ、米国、カナダなどに売春婦を送り込んでは荒稼ぎしていた。一団の手口は周到で、緻密な応対マニュアルを作成していたことも韓国国内を騒がせている。“性輸出”が止まらない同国特有の事情をノンフィクションライター、高月靖氏がリポートする。

 「韓国デリヘル」の中心地として全国的に有名な東京・鶯谷。そこを舞台に荒稼ぎしていた韓国人売春組織に韓国警察のメスが入った。

 韓国・釜山地方警察庁は3月22日、日本をはじめカナダ、米国、オーストラリアなどに韓国人女性を斡旋していた韓国人業者3人を逮捕した。このほかブローカーら10人、売春を行った女性34人を書類送検した。闇金業者が女性を海外に送り出して借金のかたに売春を強要していた実態も明らかになり、韓国社会に衝撃を与えている。

 「鶯谷の韓国デリヘルが盛んなことは、韓国の捜査当局もよく知っていた。釜山警察は売春ネットワークの仕組みや手口について細かく公開しており、反響は大きい」(現地日本人カメラマン)

 逮捕された男3人のうちA(57)は、ビザを取得して日本へ渡り、鶯谷を拠点に闇金業を営んでいた人物だ。日本で働く韓国人女性に高利で貸し付けし、返済が滞るとパスポートを奪って売春を強要していた。同じくB(37)は韓国・大田市(テジョン)で闇金を営むかたわら、「日本で売春すればカネ儲けになる」として女性を勧誘していた。

 そして、2人が集めた女性の受け皿役として逮捕されたのが、鶯谷でデリヘルと称し売春業を営んでいたC(47)だ。Cも自らウェブサイトで募集した韓国人女性を日本へ呼び寄せ、自分の下で働かせていた。指名の少ない女性は業者間のネットワークを通じて、より客を取りやすい地方都市へ送られたという。

 34人の女性のうち、過去に売春経験があった「プロ」は2人だけ。多くの一般女性は借金返済などを目的に日本へ渡ったが、着手金や前払い金の返済、斡旋のマージンなどで一層抜け出しにくくなっていた。女性たちは90日の観光ビザで入国し、期限が切れると再入国を申請。だが、売春の疑いで認められないことが多く、再入国ができなければカナダ、米国、オーストラリアなどへ送られた。

 一連の捜査で、一団の周到な手口が浮かび上がっている。Bは未経験の一般女性を海外売春婦に仕立てるため、緻密なマニュアルを作成。現金やカメラを身につけて観光客を装うといった入国時のノウハウから、客の性器をどう扱うかなど性行為の具体的な方法まで子細に指示していた。女性が逃げないようパスポートを奪うだけでなく、女性同士を互いの保証人にして監視し合う仕組みも作っている。

 韓国人女性の海外売春は、かねてから当局を悩ませてきた根深い問題だ。マカオや台湾などでも、韓国人の売春婦が地元警察に摘発される例は後を絶たない。

 「韓国は2004年の性売買特別法で国内の売春取り締まりを強化したが、結果的に売春業者の海外進出を招いた。日本で韓国デリヘルが急増したのも、これが背景だ。海外なら女性は知人に知られる心配がないし、業者も短期間で現地市場を食い荒らして帰国すればいいという点で、逆にビジネスがやりやすい」(現地韓国人事情通)

 3月には有名歌手の海外売春も明らかになり、韓国国内を騒然とさせたばかり。司法当局のさらなる捜査に内外の注目が集まっている。

 ■高月靖(たかつき・やすし) ノンフィクションライター。1965年生まれ。

zakzak 2016.04.04
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160404/frn1604041550002-n1.htm