1:2016/04/07(木) 09:15:11.81 ID:
6dea1759.jpg

韓国鉄道技術研究院は6日、大田(テジョン)で高速列車「ヘム(HEMU-430X)」試乗イベント」を開催した。

2007年から昨年まで8年かけて完成されたヘムは最高速度が時速430キロの高速列車で、総事業費1182億ウォンをかけた。しかしこの日の試乗イベントで最高時速は303キロに終わったと分かった。

韓国内の線路は時速300キロ用に設計されているためだ。このためヘムの速度に耐えられる専用線路を構築しなければならない状況だ。

韓国鉄道技術研究院の関係者は「現在は地上信号の最高速度が1時間300キロの営業運行スピードで敷かれているので改善されなければならず(電力供給線の)張力調整も必要だ」と伝えた。

韓国内で今すぐの商用化は難しいが、輸出の可能性はある。

韓国鉄道技術研究院の関係者は「中国・ドイツ・フランスなどは高速列車を輸出しながら技術移転をしていないが、韓国は技術移転についての内容を含んでいる」として「自らの技術力を保有することを望む国々が多く、輸出の可能性が高い」と伝えた。


2016年04月07日08時59分 [中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/211/214211.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|main|breakingnews