hiroshima-1193455_640.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/04/12(火) 06:12:44.18 ID:
先進7か国(G7)が広島市で10、11両日に開く外相会合で、核軍縮への決意を示すために発表する「広島宣言」の概要が固まった。核使用による惨禍の実態を知ってもらうため、世界の指導者に被爆地の広島・長崎訪問を促す。複数の日本政府関係者が8日、明らかにした。「核兵器なき世界」実現の機運を高め、提唱者であるオバマ米大統領の被爆地訪問に期待をつなげる。

だが、日本がオバマ大統領を広島に招こうとしていることについて、韓国のYTNテレビなどは「戦争加害者である日本が被害者になり代わろうとしている」と大きく伝えている。韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「現役の米大統領が広島の原爆関連施設に献花すれば、世界的な大きなエポックとなります。まだ決定ではありませんが、とりあえずイチャモンをつけてくるのが韓国。『戦争加害者である日本が被害者になり代わろうとしている』という発想は日本人には驚きでしょう」

平和団体が言うような「戦争は勝者も敗者も兵士も一般民もみな被害者」という言葉は韓国には通用しないようだ。

但馬氏は「韓国では被害者・加害者は一種の階級で、加害者階級は被害者階級に対し、道徳的下位にあり、下位の者は上位の者に永遠に謝罪し、許しを請わなければならない。日本人が原爆や空襲の悲惨な体験を語ることは、韓国人にしてみれば、加害者階級が被害者階級のふりをする許しがたい行為なのです。韓国人にとって、日本の広島・長崎の被爆は、朝鮮を併合したことに対する『天の懲罰』に他なりません。韓国の学校でもそう教えていますし、教会の牧師も同様のことを説教します」と語る。

韓国では日本のことをいまだ「侵略戦争を起こした戦犯国」という言い方をする。

「かつての韓国人が、その『戦犯国』の一員であったことさえ忘れています。当初、朝鮮人には徴兵はありませんでした。日華事変が勃発するや『朝鮮にも徴兵制を』という朝鮮人自身の嘆願書が殺到。特別志願制度が始まると志願者であふれかえり、最大で70倍という驚異の競争率であったという事実は、韓国ではまず語られることはありません」と但馬氏は指摘している。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/528497/
2016年04月10日 16時00分