1:2016/04/12(火) 12:49:52.82 ID:
■ 現会計年度6ヶ月間の労働許可書韓国人=4484人
■ 前年度半年分1605人の3倍、1年分4895人に早くも到達

(写真)
37957cf7.jpg
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

韓国人の就労移民申請が今年に入り、3倍も急増している事が分かった。

就労移民2順位と3順位の申請者が必ず認証を受けなければならない労働許可書の承認を受けた韓国人は、現会計年度の6ヶ月間で4500人に達して、前年度半年分では約3倍に急増して1年分に既に迫っている事が分かった。

韓国人のアメリカ移民の波が上げ潮のように、再び押寄せている事が伺える。

特に就労移民を申請した韓国人が現会計年度に入り、3倍も急増した事が分かった。

就労移民2順位と3順位の申請者が真っ先に通さなければならない労働許可書(Labor-Certification)の、承認を受けた韓国人が急増している。

連邦労働部が発表した現会計年度によれば、6ヶ月間で昨年10月1日から今年の3月末までに労働許可書の承認を受けた韓国人は4484人に集計された。

これは前年度同期間の1605人と比べて約3倍も急増している。

(以下略)

ソース:ラジオコリア(韓国語)
http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=217572