1:2016/04/16(土) 19:40:30.45 ID:
46dec918.jpg

 バナナ味のチョコパイが人気で品切れが続く韓国で、新たにバナナ味のマッコリが登場した。

 菓子メーカーオリオンの「チョコパイ バナナ味」が、発売3週間で累積販売量1000万個を超える大ヒットを記録。同商品は、2014年に爆発的な人気を呼び社会現象にもなったヘテ製菓のポテトチップス「ハニーバターチップ」に続くヒット菓子とされ、「ハニー旋風」と呼ばれ製菓業界以外でもハニー関連の商品が続々と生み出された当時と同じように、各業界がバナナ味に熱い視線を注いでいる。

 酒類メーカーのククスンダンは4月8日、「米マッコリ バナナ味」の販売を開始。同商品は、生米発酵法で醸した酒にバナナピューレを入れ、バナナ特有の食感とマッコリの味を生かした仕上がりが特徴。同社広報担当者は「炭酸の清涼感とバナナの甘さが調和し、ライトで飲みやすい酒類である」と説明する。アルコール度数は4%。

 750ミリリットル入りで、価格は170ウォン(大型ディスカウントショップ基準)。韓国のほか、米国、英国、中国、日本など11カ国で販売を予定する。
 
http://gangnam.keizai.biz/headline/570/?1460803095189