1:2016/04/22(金)09:54:12 ID:
2016.4.22 09:03
2fd1a4b8.jpg

 驚くほど細身で、しなやかささえ漂う「白地に赤く」彩られた機体は、前脚が滑走路から離れるや、グイと大空を見上げた。「空の青」に鮮やかに溶け込み始めた、操縦席直下に映える「日の丸の赤」に感動したのも瞬く間、頼もしい爆音とともに、かなたへと消えていった。

国産初となるステルス戦闘機開発に向けた《心神》は22日、初陣を飾ったが、眼下に広がる濃尾平野が「若武者」の門出を祝った。心神は、防衛省の発注で三菱重工業などが製造する《先進技術実証機》の愛称であるが、誰が付けたか分からぬものの、富士山の別称とは心憎い。

航空自衛隊・小牧基地(愛知県小牧市)を飛び立った心神は30分後、空自・岐阜基地(岐阜県各務原市)に着陸を果たしたが、国戦闘機開発の再生は緒に就いたばかり。わが国を取り巻くキナ臭い情勢を観察すれば、かつてわが国が掲げたスローガン《翼強ければ国強し》を、再び強力に実行する時代を迎えた。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
産経ニュース 4月22日付け
http://www.sankei.com/politics/news/160422/plt1604220011-n1.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
いまだに飛ばない日本国産ステルス機、その理由に中国ネットは「レアアース輸出を禁止してずっと飛ばないようにしよう」(2016/04/22)
 
=管理人補足=
スレ内にも動画ありますが、こちらもどうぞ。