1:2016/04/26(火) 19:36:32.71 ID:
8d596795.jpg
ソウルの日本大使館前にある慰安婦像(鴨川一也撮影)

【ソウル=名村隆寛】
 
 聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は26日、慰安婦問題の解決に向けた日韓合意とソウルの日本大使館前に不法に設置されている慰安婦像に関し、「少女像(慰安婦像の撤去)と結びつけられているなどというが、(日韓の)合意で全く言及もされなかった問題だ。扇動してはならない」と強調した。

 韓国メディアとの懇談会で述べた。朴大統領は、「(撤去についての議論は)被害者(元慰安婦)のためにならない。全く事実ではなく、混乱を引き起こしてはならない」と語ったという。

 日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府は昨年12月の合意で、「日本政府が公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じ、適切に解決されるよう努力する」と明確に約束している。

 しかし、朴大統領をはじめ韓国政府は「民間で自発的に設置したものであり、韓国政府があれこれ言える問題ではない」との姿勢を続けている。

http://www.sankei.com/world/news/160426/wor1604260039-n1.html