韓国 国旗 
(イメージです。)


1
:2016/04/26(火) 18:05:23.77 ID:
来る29日は尹奉吉(ユン・ボンギル)義士義挙84周年になる日だ。よく知られたようにユン義士は臨時政府閣僚会議の承認を受けて1932年4月29日、中国の上海虹口公園(現在の魯迅公園)で開かれた「天長節(日王誕生日)」および戦勝(日本の上海占領)記念式場」を奇襲攻撃して日帝侵略軍の首魁をせん滅した。

このようにユン義士の上海義挙は国家の承認の下になされたにもかかわらず、義挙の性格をよく知らない一部の人々はテロ云々して抗日義挙をさげすむ。真に残念なことこの上ない。辞書を見れば「テロ」は政治的敵対者または、その団体や機関に破壊、殴打、放火などの暴力を行使し相手を脅したりまたは恐怖に陥れる非合法的な行為と定義している。

一方、戦争は国家と国家の間の武力による闘争と定義され、特攻作戦は敵地を奇襲攻撃する行為または作戦で、特攻隊は敵地を奇襲攻撃するために作られた部隊と記述されている。簡単に言えば、行為の主体が国家間の武力闘争ならば戦争で個人が敵対者や敵対機関に加えたその様な行為はテロとなる。

上海義挙は大韓民国臨時政府が創設した「韓人愛国団」という特攻隊の作戦であり、国家の作戦計画により特攻隊ユン・ボンギル隊員が堅固な警備網を突き抜けて日本軍首脳部を奇襲攻撃したものだ。このように我が国の軍人が敵軍を攻撃した戦闘行為だ。

日帝もユン義士の義挙はテロではなく交戦中の任務を遂行した戦闘行為と判断した。日本陸軍省人事局が1932年9月外務省に提出した「上海ニ於ケル天長節式中ノ爆弾兇変事件」というタイトルの報告書を見れば、ユン義士義挙で死亡した「上海派遣日本軍司令官、白川隊長について公務遂行中の死亡ではなく戦死で処理して欲しいという内容と、本凶変事件は上海戦闘過程で我が軍の首脳殺害を目的とした敵国特攻隊員の攻撃で発生した事件」という内容が含まれている。

また、報告書には「天長節および戦勝記念式場」を「上海戦場」と表記した。この報告書を根拠にて日帝は「白川隊長が戦場の記念式場に移って日本軍移動司令部で戦闘を指揮している間、死亡したと判断して彼を戦死処理し、ユン義士も個人的次元のテロリストではなく非正規戦を遂行した相手交戦国の戦闘員」と判定した。

これに伴い、日帝はユン義士を戦地で捕らえた敵軍の戦争捕虜と見なして非公開軍事裁判に回付し、単審で刑を確定した後、軍刑務所に拘禁し軍部隊領内で銃殺刑を執行した。銃殺刑を執行した法的義挙は「軍人は銃殺刑、民間人は絞首刑」に処するという日帝の死刑執行方法に従ったものだ。

繰り返し強調するが日本陸軍省の報告書が記述しているように日帝自らユン義士の義挙を交戦行為と明確に判定した。このため、ユン義士の義挙はテロではなく国家の承認の下に遂行された特攻作戦であったという事実を裏付けることが可能になった。

日帝も戦闘行為と評価した尹奉吉義士の義挙は蒋介石総統の言葉のように中国30万大軍がやり遂げられなかった大戦果をおさめた特攻作戦であり、韓民族独立運動史に記録されるべきであって、輝く特攻作戦義挙をテロとさげすむ詭弁を退けなければならない。

光復70周年が過ぎた今も私たち自らユン義士の義挙をテロとするならば臨時政府の法の正統を受け継いだ私たちはテロ集団の後えいになることを肝に銘じなければならない。加えて民族が分かれて暮らす姿を尹奉吉義士が見れば嘆くだろう。統一の路、未完の光復を完成した方が夢見た完全自主独立国家を作らなければならない。

ユン・ジュ尹奉吉研究所理事長

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) [なぜならば]ユン・ボンギル義挙はテロでない戦闘行為だ/ユンジュ
http://www.hani.co.kr/arti/opinion/because/741176.html 
 
=管理人補足=
96_2016042715125052c.png
忠清南道礼山に生まれた。1931年、上海に渡って金九の組織した抗日武装組織韓人愛国党に参加し、事件を準備した。
第一次上海事変停戦交渉の最中であった1932年4月29日天長節(天皇誕生日)の日、上海の日本人街の虹口公園で行われた祝賀式典会場に、宣教師ジョージ・アシュモア・フィッチの運転する車で入り込んだ尹奉吉は、要人群の席に向かって手榴弾を投擲。爆発で多数を死傷させる事件を引き起こした。
上海派遣軍司令官陸軍大将白川義則と上海日本人居留民団行政委員長で医師の河端貞次が死亡。第3艦隊司令長官海軍中将野村吉三郎、第9師団長陸軍中将植田謙吉、上海駐在総領事村井倉松、上海駐在公使重光葵、上海日本人居留民団書記友野盛ら多数が重傷を負った。(省略)
尹奉吉は現場で「大韓独立万歳」を叫んだ後に爆弾で自殺を図ったが、日本の関係者に取り押さえられた。5月25日、被害者が軍人であったことから上海派遣軍軍法会議で裁かれ、死刑判決を受けた。11月18日 大阪の衛戍刑務所へ移監され、さらに12月18日、陸軍第9師団の駐屯地である石川県金沢市軍法会議拘禁所へ移管されて留置。12月19日7時27分、練兵場のある市内、三小牛山で銃殺刑に処された。
wikiより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B9%E5%A5%89%E5%90%89