1:2016/04/28(木) 02:06:02.61 ID:
c569b407.jpg
台湾・基隆市に設置された中国の温家宝前首相の銅像=27日(中央通信社=共同)

 台湾の開発業者らが北部、基隆市で緑地に中国の温家宝前首相の銅像を設置、「台湾英雄」として27日に除幕式を開いたが、市民らの猛反発を受け撤去されることになった。台湾メディアが伝えた。台湾での中国指導者に対する不信感の強さを示した形だ。

 業者側は「政治理念は異なるが、任期中の温氏は台湾に多くの就業機会を与えた」と設置理由を説明。靴を脱いではだしの温氏をかたどった銅像の土台部分に、調和を意味する「和諧」という大文字のほか、中台の観光や経済の交流拡大を功績として記した。

 直前まで誰の銅像か伏せたまま除幕式を開いたが、「なぜ英雄か」「受け入れられない」との反発がネットなどを通じて一気に拡大。地元市長が業者に電話し「一般社会の認識との差が大きい」と撤去を求めたという。
 
(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160427/wor1604270053-n1.html