1:2016/05/05(木) 00:58:06.73 ID:
2b26a99f.jpg
▲全国に設置中の'平和の少女像'が楮紙人形に生まれて苦痛の歴史を繰り返さないために市民らと会っている
0624a5ef.jpg
▲水原市民らで構成された水原平和蝶々、韓紙を愛する人々が集まって'平和の少女像'を楮紙人形で作って展示中
1e7ad883.jpg
▲'記憶が癒えなかった痛み'楮紙平和の少女像展示会

「韓日両国政府は日本軍'慰安婦'関聨合意を直ちに撤回せよ。」
路上集会場から出たスローガンではなく、水原(スウォン)平和の少女像除幕2周年をむかえて'平和の少女像、韓紙(タクチョンイ=楮(コウゾ)紙)人形'展示会場の水原市役所本館1階ロビーから出た叫びだ。水原オリンピック公園にある平和の少女像除幕2周年記念を祝って、日本軍'慰安婦'問題を歴史正義の観点での解決を促す韓紙人形の「平和の少女像」展示会が水原で開かれた。

展示会場には水原に住む日本軍'慰安婦'被害者のアン・チョムスン、ハルモニが参加してつらい記憶を見せた。水原平和蝶々(常任代表:チョン・ジンスク)は声明書を通じて「大東亜共栄圏という見栄えの良いスローガンと名分で戦争を起こした日帝は植民地国家女性たちを慰安婦で強制動員して売春を強要し、被害を受けた女性たちの規模が20万人と推定され、戦争犯罪である人身売買行為が被害女性たちの勇敢な証言を通じて事実として明らかになった」として日本の「国家的、法的責任を認めて謝罪し、これにともなう措置」を履行するよう要求し、韓国政府にも被害者らの要求事項を積極的に受け入れて日本軍'慰安婦'問題の正しい解決策を促した。

そして両国政府に去る2015年12月28日韓日両国が合意した日本軍'慰安婦'関聨合意を直ちに撤回することを要求した。

キム・ドンヒ韓国挺身隊問題対策協議会事務局長は昨年末、拙速に合意した日本軍'慰安婦'韓日交渉は'被害者が排除された合意であり被害者の意に逆らったまま強要する国家の合意は暴力'とし、無効の理由を説明した。そして日本軍'慰安婦'被害者の真相究明事業と被害者福祉事業、慰安婦関連教育事業などのために正義記憶財団設立の必要性を説明し、水原平和蝶々とアン・チョムスン、ハルモニ、水原市庁公務員と市民らが集めた基金を伝えた。
(後略)

ソース:オーマイニュース(市民記者) (韓国語) タクチョンイで作った平和の少女像、'慰安婦'被害者痛み入れて
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002206802