1:2016/05/09(月) 17:03:32.01 ID:
(写真)
561f9536.jpg
▲ 看板商品「情」の42年ぶりの新作
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

韓国の菓子メーカー「オリオン製菓」から発売された新商品「チョコパイ情バナナ」が爆発的な人気となり、4月1カ月の売り上げが150億ウォンを突破し、同社史上最高の月間販売数を記録したことが明らかになった。同社の前年同月対比も67%増加した。

同商品は、同社が1974年に発売したチョコパイ「情」の42年ぶりの新作。3月に販売を開始したところ、SNSを中心に若い世代からの人気を集め、全国各地で品切れ店が続出。発売1カ月で累積販売量1400万個を突破する大ヒット商品となった。同社では急きょ生産ラインを24時間態勢に転換し、週末も休まずフル稼働している。

人気はオリジナル製品の売り上げ増加にも影響を及ぼし、チョコパイ「情」の4月の販売量は、同商品の発売前の2月に比べ21%増加したことも分かった。

韓国では、ロッテ製菓「モンシェル チョコ&バナナ」との「チョコパイ戦争」も話題。同時期に発売された両商品は、どちらもチョコパイのバナナ味。チョコパイは「韓国の国民食」と言われるだけに、両社の売り上げ争いにも関心が集中。「モンシェル チョコ&バナナ」も発売1カ月で1500万個が売れる好調ぶり。ネットでは両商品の味比べに関する投稿も多く、まだまだこのブームは続きそうだ。

ソース:カンナム経済新聞
http://gangnam.keizai.biz/headline/581/