65_20160510083736671.png 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/05/09(月) 21:11:09.33 ID:
 36年ぶりとなる北朝鮮の朝鮮労働党大会で、9日、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が、新たに設けられたポストの「党委員長」に選出されました。祖父のキム・イルソン(金日成)主席にならう形で党を重視する姿勢を明確にするとともに、みずからの権威づけを図るねらいがあるとみられます。

 これはピョンヤン入りしているNHKの取材班が9日午後、今回の朝鮮労働党大会の取材を初めて許可され、その会場の「4・25文化会館」で発表されたものです。

 会場ではスーツにネクタイ姿のキム・ジョンウン第1書記が、行進曲に合わせて姿を現し、ひな壇の中央に着席しました。

 そして、キム・ヨンナム(金永南)最高人民会議常任委員長が「朝鮮労働党委員長であるキム・ジョンウン同志を首班とする、党中央委員会政治局と政治局常務委員会が組織された」と述べ、キム第1書記が新たに設けられたポストの「党委員長」に選出されて、就任したことを明らかにしました。

 キム第1書記としては、祖父のキム・イルソン主席にならう形で党を重視する姿勢を明確にするとともに、みずからの権威づけを図るねらいがあるとみられます。

 また、党の中核をなす政治局常務委員には、キム・ジョンウン氏、キム・ヨンナム氏、それにファン・ビョンソ軍総政治局長の3人に加えて、新たに、パク・ポンジュ首相とチェ・リョンヘ書記が選ばれ5人体制となりました。

NHK NEWS WEB 5月9日 20時54分 (ソース元に動画あります)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160509/k10010514071000.html 
 
=管理人補足=