seoul-336169_640_20160511094111dfc.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/05/10(火) 21:17:41.99 ID:
■遠回りが多いタクシー

 初めて韓国に行くとき、母から言われた。「ぼる人が多いから気をつけて」。このアドバイスが効いた。少々のことでは驚かなかった。

 タクシーに乗ると、遠回りをされることが何度かあった。私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は地図を見るのが好きで、どこを走っているかをいつも地図で確認していたから、すぐにわかった。

 少々のことなら目をつぶっていたが、あまりに遠回りをされると、ムキにならないように注意しながら言った。「なんで近い道を行かないんですか」。答えはきまってこうだった。「渋滞に巻き込まれるから」。

 そう聞いて、それ以上は突っ込まなかった。本当に渋滞が理由のときもあるからだ。

 まだ仁川(インチョン)空港ができる前の話だが、金浦(キムポ)空港からソウル中心部に行くとき、タクシーの運転手がこう言ってきた。

「メーターを倒さないから3万ウォンを払ってください。みんなそうしているから」。倍以上取ろうというわけだ。

 それでも、私は「オーケー」と言った。とても愛想のいい運転手だったので、当時の韓国の世情について車内で聞こうと思ったのだ。

 案の定、痛烈な政府批判が飛び出した。そういう話を聞くのが大好きなので、身を乗り出して運転手の話に耳を傾けた。

「3万ウォンでも安いくらい」。そう思ってタクシーを降りたのだから、運転手が一枚上手だった。

■客が日本から来た場合

 飲み屋での話に移ろう。地方の食堂で食べながら酒を飲むときは、メニューの代金が決まっているので、勘定は規定どおりになる。

 違うのは、スナックのような店の場合だ。原州(ウォンジュ)の橋の上の飲み屋に行ったときのこと。とても愛想のいいママがカウンター越しに酔客の相手をしていた。

 一応、メニューと価格が壁に張ってある。他の客の勘定を聞いていると、だいたい1人1万ウォンくらいだった。

 私は日本から来た友人2人を連れていた。楽しく飲んで、ママとワイワイ地元の話をして、気分がとても良かった。

 そろそろ勘定の時間となり、頭の中で予想を立ててみた。私たちが地元の人間なら、1人1万ウォンで合計3万ウォンだろう。

 私たちがソウルから来た韓国人の3人連れなら、5万ウォンだと言われそうだ。

 さて、私たちは日本から来た3人連れだ。ママはいくらと言うだろうか。

 当のママが金額を言ったとき、私は心の中で「当たった!」と叫んだ。自分の予想どおりになったことで、気分はさらに良くなり、気持ちよく飲み屋を出ることができた。勘定はピッタリ10万ウォンだった。

>>2以降に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

(ロコレ提供)
Yahoo!ニュース WoW!Korea 5月10日(火)17時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000072-wow-asent