724e0479_20160511081934553.jpg 
(関連記事の画像です。)


1
:2016/05/11(水) 00:11:41.98 ID:
 タイの首都バンコクの高架鉄道「パープルライン」で10日、8月の開業を控え本格的な試運転が始まった。車両は日本企業が受注し製造した。タイの都市鉄道に日本製車両が導入されるのは初めて。

 パープルラインは2009年に着工。バンコク北部のバンスー地区と郊外のバンヤイ地区の約23キロを結び、約790億円の円借款が活用された。

 この日の試運転は、車両基地があるクロンバンパイ駅とタオプーン駅間を往復。試乗したタイ政府関係者や報道陣らは、日本製車両の滑らかな走行に感心していた。

 6月から7月にかけて一般市民を乗せた試運転が行われ、開業は8月6日の予定。

 車両は丸紅と東芝が共同受注し、JR東日本の子会社、総合車両製作所(横浜市)が製造した。

(バンコク共同)
産経フォト 2016.5.10 18:06
http://www.sankei.com/photo/story/news/160510/sty1605100007-n1.html 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【タイ】新高架鉄道「パープルライン」用車両を丸紅・東芝が納入!バンコクに行ったら乗ってみよう(2015/09/22)
日本3社連合、タイ2例目の鉄道システム受注勝ち取る!(2016/03/31)
 
=管理人補足=
2016/02/06 に公開