1:2016/05/11(水) 23:00:40.04 ID:
bd50f10f.jpg 
 
9941fc75.jpg

【ニューヨーク=ニューシス】ノ・チャンヒョン特派員
 
米政府が韓国を呼ぶ公式国号はサウスコリア?米国務部建物に掲揚された韓国の太極旗の順序が南アフリカ共和国(South Africa)の次に位置して国号も公式名称のROK(Republic of Korea)でなく'South Korea'を基準にしたことが分かった。

米国ニューヨークの韓人メディア'グローバル・ウェブマガジン'ニュース(www.mewsroh.com)は9日、米国務部トルーマン・ビル1階ロビーに掲揚された米国と修交のある国家のアルファベット順で韓国がソマリア(Somalia)と'南アフリカ共和国(South Africa)の次に位置していると報道した。韓国に続く国は'南スーダン(South Sudan)'だった。

これと共に太極旗掲揚台の下には'韓国(Korea、South)'と表記された。コリア表記でも順序は'K'の代わりに'S'字に合わせたのだ。また、太極旗の高さが周辺国旗より低くて不均衡な姿だった。

ニュースのウィリアム・ムン記者は「米国メディアなどで韓国を北朝鮮と区別するためにサウス・コリアと表記するのが一般的だが、米国政府が公式名称の代わりにサウス・コリアで分類してその順序により国旗を配列するのはこの上なく大きな欠礼に違いない」と指摘した。彼は「トルーマン・ビルに米国の修交国国旗だけを掲揚しているので北朝鮮国旗と誤認する理由はない。韓国をまともに接待するならばコリア表記して括弧の中にROKを入れれば良い。たとえ表記を直さなくても掲揚順序をK字に合わせなければならないだろう」と付け加えた。

問題はこのような太極旗掲揚と韓国表記の慣行がかなり以前から続いてきた事実だ。彼は「ワシントンの韓国大使館はいったい何をしているのか分からない。数多くの外交官たちが国務部庁舎を訪問したが、誰ひとり関心を見せて掲揚された太極旗の位置を確認しなかったという証拠に違いない」と批判した。

これと共に米国務部の地図が韓国と日本、中国などを紹介して差別的で誤認しかねない情報を紹介しているのも至急に是正されなければならないと指摘する。米国務部公式ウェブサイト(www.state.gov)に紹介された韓国(www.state.gov/p/eap/ci/ks/)地図には'東海(Sea of Japan)'表記とともに韓半島の南側だけ表示している一方、日本地図(www.state.gov/p/eap/ci/ja/)では日本はもちろん、韓半島と中国の東北部、ロシアの一部まで紹介しているからだ。

特に独島(ドクト、日本名:竹島)は'日本海'の'リアンクール・ロックス(暗礁)'と表記され、事実上日本領土のように見える効果を与えている。

ウィリアム、ムン記者は「米国務部の日本地図は過去、軍国主義時期に支配した満州、韓半島を含んで沿海州、南シナ海、太平洋まで影響を及ぼす大国のイメージを伝えている。島国ではなく大陸の一部を支配する東アジアの強大国に見える」と話した。彼は「日本の植民地政策で一世紀前の英語国号'Corea'が'Korea'になり、今は米国務部から韓半島の半分の'South Korea'と呼ばれる身分になった。大韓民国外交部はなぜこれを知らない振りするのか非常に気になる」と批判した。

ソース:コリアデイリー(韓国語) 米国務部の大韓民国公式呼称はサウスコリア?
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=4253745