handcuffs-294516_640_20160512121532dac.png 
(イメージです。)


1
:2016/05/12(木) 11:19:28.22 ID:
■ 経済事犯が最も多く
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ 海外遠征売春も
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 

韓人(コリアン)が犯罪に関与した全世界の国々のうち、カナダが上位を占める事が分かった。

母国(韓国)の法務研修院(法務部の傘下)が最近発行した『2015犯罪白書』によれば、2014年基準でカナダでは51人の韓人が犯罪を起こして全世界の国々で4位を占めた。最も多く韓人が犯罪に関与した国は中国(492人)で、日本(417人)、アメリカ(175人)が後に続いた。

2014年の母国の外交部資料を基準に海外居住の韓人は中国とアメリカが200万人、日本が80万人以上と推算される一方、カナダは22万人余りに過ぎない事を考慮すれば、人口比率は高い水準という分析である。犯罪白書によれば、全体で1,432人の韓人が犯罪で立件された2013年と比べ、2014年はこの数字が1,552人と増加推移を見せた。

全犯罪の類型別で見れば、2011年には出入国関連事犯が183人、2014年は暴行と傷害事犯が167人
だった。

トロントの場合、経済事犯が最も多い件数を占めた事が分かった。

トロント総領事館(総領事=カン・ジョンシク)の関係者はこれに関連して、「本国の指針によって犯罪類型別詳細件数は公開する事は出来ない」と言いながらも、「詐欺や横領など、経済事犯の関連する事件が最も発生件数が多かった」と明らかにした。

このように海外で起こした犯罪行為で有罪判決を受けて収監される韓人は、2014年は1,257人だった。

法務研修院の資料によれば、海外遠征売春の場合、カナダ、アメリカ、日本、オーストラリア等に蔓延している事が調査で分かった。

これに関連して捜査関連の専門家は、「現地の警察当局も組織的や人身売買などではない場合、大部分が売春女性の摘発時に“不法滞在”などで追放する場合が多く、具体的な数値を取るのは難しい」と言いながら、「水面上に表れない売春の特性上、具体的な件数の集計は難しいと見られる。また、都市別でもバンクーバーからトロントに、そしてカルガリーに移動する場合も相当する」と分析した。

領事館の関係者はこれに対し、「容疑者に対する最終容疑が立証されないため、特定“犯罪”類型に細分化することには無理があって公開が難しい」と言いながらも、「トロントを含むカナダで売春が行われていいる事と把握している」と話した。

これに先立って昨年4月、トロント広域とモントリオールでは、連邦警察が韓人S氏とJ氏などが関与した2つの売春斡旋組織の検挙を発表して、摘発された売春女性のほとんどが韓国人と中国人だった。

ソース:米州中央日報(韓国語)
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=4253588

(関連スレ)
【韓国】 海外での韓国人犯罪が増加傾向、年1500人「国の恥さらし」…中国・日本・米国の順[05/06]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1462634109/ 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】海外での韓国人犯罪が増加傾向 年1500人!「国の恥さらし」 中国・日本・米国の順 ⇒2ch「こっちは迷惑しとんねん!」(2016/05/08)