1:2016/05/18(水) 17:39:35.68 ID:
2017年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が韓国で開催される。

台湾野球協会は16日、報道資料を出して「2017年WBC第1ラウンド開催の申請を正式に断念する」と
明らかにした。引き続き「2017年大会への代表チームの参加には影響を与えない。ことし下半期から
代表チームの構成を準備する」とした。

野球が「国技」として通じている台湾は約10年前から活発に国際大会を招致してきた。野球の国際大会
としては最大規模のWBCの開催はその頂点とも言える。2014年にはWBC第1ラウンドを台中で開催
することもした。

当初、WBC第1ラウンド開催国はことし1月発表される予定だった。だが、発表が数回延期された。その間に韓国が3月に開催申請を出した。

台湾野球協会の林宗成・秘書長(事務総長)は「WBC組織委員会の度重なる延期は理解できない」とし「大会準備や予算運用、2017年ユニバーシアード大会の準備などで開催権申請を撤回する」と明らかにした。台湾野球専門家のキム・ユンソク氏は「台湾測も市場規模が大きい韓国との競争で不利だということを把握していた。WBC組織委員会の動向を把握した後、自尊心を保つために申請撤回を決めた」と分析した。

台湾が申請を撤回した以上、第1ラウンド1組の韓国開催は既成事実となった。ことし高尺(コチョク)スカイドームの開場で韓国も3月に国際大会を行うことができるようになった。

韓国野球委員会(KBO)のヤン・ヘヨン事務総長は「まだWBC組織委員会から正式発表は出ていない」との前提のうえ、「その間、準備は着実に進めてきた」と話した。高尺ドームを管理するソウル施設公団のイ・ジユン理事長は「韓国初のドーム球場が国際舞台に初お披露目されるということで総力を挙げて準備する」と明らかにした。

WBC組織委員会は今月、第1ラウンド開催国家を発表する予定だった。だが、内部事情で改めて6月初めの発表に日程を遅らせるとKBOに通知した。

ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/814/215814.html

(関連写真)
d5261c84.jpg