1:2016/05/22(日) 18:23:04.77 ID:
舛添都知事が逃げ回る理由は…夏のボーナス?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

まさかボーナス狙いなんてことはない!? 数え切れない政治とカネの問題で疑惑の渦中にある東京都の舛添要一知事(67)が20日、都庁での定例会見で改めて辞任を否定した。舛添氏は記者の質問に「第三者の目で厳しく調査していただく」と“逃げ口上”を連発。都民の不満は高まるばかりだが、舛添氏の頭にあるのは6月末に支給される約380万円の夏のボーナス…。来月1日まで居座れば、その後辞めても満額支給されるとあって、今月中の辞任などはあり得るハズがないのだ。

「まずは第三者の公正な目で、厳しく調査していただく」

会見中、なんと40回以上も「第三者」というフレーズが飛び出した。公用車問題からヤフオクでの美術品落札、政党交付金のネコババ疑惑…舛添氏に浮上する政治とカネの問題は数え挙げたらキリがない。

そうした疑念に答えると思われたこの日の定例会見だったが、舛添氏は早々に説明責任を放棄し、冒頭の言葉を逃げ口上のように繰り返した。取材陣は「なぜ言えないのか」「第三者がいないと答えられないのか」と怒り爆発。途中、ある男性が進行を無視して立ち上がり「それで納得できると思うか!」とブチ切れ、会場にいた職員が慌てて制止する不穏な場面もあった。

民放各局の調査では90%以上が同氏に「NO」を突きつけ、当の本人も「大変厳しい状況。信頼を失っております」。それでも舛添氏に辞任の意向はなく「二度とこういうことがないよう真摯に反省し、職責を全うする」と繰り返した。

「なぜ辞めないのか?」

そうした疑問が自然と湧き上がるが、調べてみると、舛添氏には今月中に辞めるわけにはいかない理由がありそうだ。それは夏のボーナス――。

「期末手当」という形で年2回あり、夏は毎年6月30日に支給される。金額は都のホームページで公表されており、昨年夏の舛添氏のボーナスは374万9898円、同12月に支給された冬のボーナスは411万8741円。かなりの金額といえよう。

知事の給与などを管轄する総務省の担当者によると「受給資格は6月1日時点で都の職員として従事している者。それ以降に辞めても満額支給されます。民間企業の動向を加味した上で算出され、今回でしたら給料の1・55か月分。舛添都知事なら380万円くらいでしょうか」という。

この日の会見でテレビ朝日の武内絵美アナウンサー(39)から「失礼かもしれませんが、知事はケチ…」と指摘され「批判は受け止めたい」と口をとがらせた舛添氏だが、“無類のおカネ好き”は周知の事実。これまで発覚したセコ~いエピソードをみれば、ボーナスのことが頭にないわけがない。

「来月1日から都議会が始まり、舛添氏は一連の問題で糾弾されることになる。ただ、本人にとって6月1日は“記念日”。辞めるにしてもボーナス満額支給の権利を得てからだろう」とは男性職員。こんなことが許されていいのか。

この日の会見では“素の部分”も見え隠れした。序盤こそ低姿勢で応じていた舛添氏だったが、後半はイラ立ちを隠せず、記者の質問をさえぎって「はい、次」と言ったり、質問者のマイクの音が小さいと、聞こえよがしに「よく聞こえないのですが」と突っ込むことがあった。

これを見た臨床心理士の矢幡洋氏(58)は「舛添さんはドS。負けず嫌いでプライドが高い。言われれば言われるほど、態度を硬化させ、自分のミスは認めません。防戦一方の展開はストレスでしかなく、それが蓄積されると、場を仕切ろうとしたり、声を荒らげたりします」と語る。

写真:舛添氏は終始、渋い表情だった
e1a523b7.jpg