purse-948414_640_201605290907284e6.png 
(イメージです。)


1
:2016/05/29(日) 00:58:28.55 ID:
 韓国銀行(中央銀行)によると、韓国の家計債務は3月末に1223兆7000億ウォン(約113兆7000億円)で、昨年末に比べ20兆6000億ウォン(1.7%)増えた。増加幅は1-3月としては過去最高だった。これまでの最高は2015年1-3月(13兆ウォン)だった。

 特に預金銀行よりも相互金融、セマウル金庫、相互貯蓄銀行など非銀行金融機関(ノンバンク)による家計向け融資が大きく増加した。増加幅20兆6000億ウォンのうち、預金銀行による融資は5兆6000億ウォン(27.2%)で、残る15兆ウォン(72.8%)はノンバンクによる貸し出しだった。家計が貯蓄銀行、保険会社、クレジットカード会社などノンバンクから借り入れた資金は銀行の2.7倍に上った。ノンバンクの貸出金利は銀行よりも高いため、家計債務の質は悪化することになる。

 韓銀は「銀行の与信審査強化などで、銀行の審査をクリアできない家庭がノンバンクを訪ねたとみられる」と分析した。韓国政府は今年2月から銀行の住宅担保ローンの所得審査を首都圏で強化した。

崔炯碩(チェ・ヒョンソク)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/27/2016052700724.html