1:2016/05/28(土) 10:43:35.40 ID:
(写真)
42d8bac0.jpg

オレンジ郡地域で売春をして逮捕された50代の韓人(コリアン)の女が、 起訴されてから約2年ぶりに自分の有罪を認めて実刑が宣告された。

オレンジカ郡検察によれば、ロサンゼルス出身の韓人、キム・スジン被告は26日、売春共謀(conspiracy to pander)と売春など2件の重犯罪容疑を認め、裁判部は直ちに3年8ヶ月の懲役刑を宣告したと明らかにした。

ただし、キム被告が賠賞金を払って保護観察5年を受けた場合、残りの懲役刑は免除される。

当初、キム被告が受けた売春斡旋と不法営業など6件の重犯罪容疑は全て却下され、予想よりも半分以上減刑されたとザ・オレンジカウンティー・レジスター紙(The Orange County Register)は伝えた。

オレンジ郡検察によれば、キム被告は去る2014年8月6日、ガーデングローブ地域にマッサー店を構えて売春を行い、地域警察と人身売買特別チームが実施したおとり捜査班によって摘発された。

ソース:ラジオコリア(韓国語)
http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=223047