1:2016/06/01(水) 12:30:31.06 ID:
2016年5月30日、米放送局CNBCは「韓国経済の重要な位置を占める造船業が破産の陰に包まれようとしている」と伝えた。同国の銀行業にも影響が及び、韓国経済のさらなる打撃になるとしている。

貿易の鈍化や船舶需要の飽和状態など、さまざまな原因から業界が伸び悩む中、韓国の造船業は困難に陥っている。韓国造船業の「ビッグ3」と言われる大宇造船海洋、韓国現代重工業、サムスン重工業には421億ドル(約4兆6700億円)の負債がある。

収支報告書によると、3社の2015年の損失額は60億ドル(約6600億円)に上る。

仏ナティクシスのシニアエコノミストであるトリン・グエン氏は、「韓国造船業の債務累積は韓国特有の問題ではなく、需要が減少したことに伴う問題。

世界の貿易が疲弊しており、韓国はまさに輸出型だ」と見ている。債務以外にも、韓国造船企業は違約のリスクがさらに高まるなどの問題にも直面している。

Record china  配信日時:2016年6月1日(翻訳・編集/北田)
http://www.recordchina.co.jp/a140214.html
 
写真は釜山港。
d83b31a8.jpg

関連
【韓国】大宇造船、潜水艦などを建造する特殊船(防衛産業)事業部を分社して売却へ[5/20] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1463718311/
【造船業】韓国STX造船海洋、会社更生手続きへ[5/24] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464150441/
【韓国】誰が「造船王国」を没落させたのか[5/26] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464254994/
【韓国】造船・海運の構造改革、規模縮小した「30年前の日本の前轍」踏むべきでない[5/25] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464255523/
【経済】韓国造船大手3社、先月の受注ゼロ[05/01] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1462095437/
【韓国韓国大手造船、今年3カ月の受注ゼロ 輸出前年割れは史上最長を更新中[4/6] [無断転載禁止]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1459946221/ 
 
=管理人補足=
以下、ご参考までに。
 
MIZUHO no KUNI 動画関連記事
韓国・韓進海運、船舶傭船料出せず南アフリカ抑留!⇒2ch「これ、資金繰りがやばいってことか?」(2016/05/27)
google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。

また、峠越えた現代商船... 6千3百億の債務再調整/ YTN(Yes!Top News)
2016/05/31に公開
 
[アンカー]
構造調整に入った現代商船が来年まで返さなければなら6千3百億ウォンの債券を後で返済するか、株式に転換することに成功しました。今日(1日)を追加で千7百億ウォンの債務再調整に成功して船舶の家賃交渉まで完了すれば、経営正常化の7部稜線を超えています。李政美記者です。

[記者]
【ギムホンイン/現代商船常務:
債務調停案が圧倒的な割合で可決されました。本当に感謝申し上げます。]

6千3百億がかかった運命の日。債権者は、現代商船の機会を与えました。三回の社債権者集会での債務再調整案すべて可決されたのです。

これにより、現代商船は今年と来年のために戻ってくる債権6千3百億ウォンを半分は株式に転換して半分は2年後から3年に渡って分割返済することができるようになりました。

【イグァンソプ/債券機関代理店:
(債務再調整の条件は?)はい、満足します。良好な状態で、積極的に推進してほしいというような内容で、今後傭船料の交渉上手ほしいという話をしてそうでした。]

【ジャンボンナム/債券機関代理店:
私達が傭船料の交渉は、20〜30%の線で終わることを知っていて、私たちはどうせ法廷管理に入ることはなく、よいでしょう。]

残りの債権は、千7百億ウォン。個人債権者が多いことが、すでに委任状と同意書を相当数確保しただけに二度集会で可決される可能性が高くなります。
外国船主と船舶家賃交渉は平均20%台程度引き下げること大きな枠組みで合意し、今週の妥結を目指しています。
 
これにより、残ったのは、海運同盟に参加。

船舶と港湾を他の海運会社と一緒に送るため、コスト削減に不可欠であるが、現代商船は来年からスタートする海運同盟に挟まない状態です。
しかし、債務再調整の船舶家賃交渉がうまく完了すれば、追加登録には大きな無理がないというのが業界の見通しです。

大きな節目を越えた現代商船。今の悩みは、経営正常化以来、どのように収益構造を作るかに移動しています。