1:2016/06/01(水) 18:23:17.28 ID:
 戦時中に日本に強制連行され労働を強いられたとして、中国人の元労働者らが日本企業に損害賠償などを求めている問題で、三菱マテリアルは1日、元労働者らと和解した。

 三菱マテリアルは1日午前、中国・北京で、元労働者3人と和解についての合意文書に調印し、その他の多くの元労働者とも和解することで合意した。

 和解では三菱マテリアルが責任を認め謝罪し、一人あたり約170万円の和解金を支払うことなどが盛り込まれている。今後、基金を設立して元労働者や遺族に和解金が支払われることになり、三菱マテリアルもこうした和解事業を通じて、最終的な解決を図りたいとしている。
 
http://www.news24.jp/articles/2016/06/01/10331605.html
 
=管理人補足=
9512.png