silhouette-809136_640_20160604195710c2d.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/06/04(土) 10:32:11.38 ID:
差別の傷「回復へ希望」 ヘイト被害の女性、涙 川崎、デモ差し止め
2016年6月3日05時00分

 排外主義的な主張を繰り返す団体が川崎市で予定しているデモに対し、市内の一定地域での実施を禁じる仮処分決定が出た。5月24日に成立したばかりのヘイトスピーチ対策法を受けての初の司法判断に、地元の在日コリアンからは安堵(あんど)の声があがった。(中略)

 ■<視点>動かしたのは悲痛な声

 当事者の切実な声が、政治や行政、司法を動かした。ヘイトスピーチ対策法の成立や、今回の仮処分決定を見て、そう感じる。

 在日コリアンなどに「出て行け」「殺せ」などと差別的な憎悪をあおるデモは2013年には各地で深刻化したが、「表現の自由」への制限につながるとの慎重論が根強く、国会の腰は重かった。野党は昨年5月にヘイトスピーチ禁止を掲げた法案を提出したが、継続審議になっていた。

 今年3月22日、崔江以子さんが、参院法務委で参考人として切々と訴えた。「『ゴキブリ朝鮮人をたたき出せ』と言いながら私たちの町へ向かってきました。在日1世のおばあさんは『何で子や孫の代になって帰れと言われなければならないのだ』と傷つき、私の心も殺されました。法律がないと、いつか私たちは本当に殺されます」

 3月31日には参院法務委の与野党委員が、デモの標的とされた川崎市・桜本地区を視察。4月8日には与党が法案を提出し、法成立へと急展開した。

 被害者の訴えを直接聞き、事態の深刻さが伝わったということだろう。今月5日に予告されたデモに対する川崎市の公園使用不許可処分も、今回の仮処分決定も、その延長上にある。(以下略)

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12390330.html?rm=150
 
 
2: :2016/06/04(土) 10:32:40.53 ID:
関連 
【神奈川】川崎市、ヘイトスピーチを行う団体の公園使用を不許可に[05/31] 
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464666506/ 

【朝日新聞】在日コリアン「残念です。デモが実施されれば、きちんと抗議しなければ」 ―川崎のヘイトデモ、道路使用を許可 神奈川県警[6/3] 
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464955240/