1:2016/06/04(土) 23:44:00.89 ID:
bdd6d788.jpg
朴大統領のアポロ計画を実現させるために開発中の新型ロケット「KSLV-II」 Photo by KARI

「2020年、月に太極旗をはためかせる」――。韓国の朴槿恵大統領は2012年12月、選挙戦の中でこうした公約を掲げた。この公約は朴大統領の当選後から現在まで継続され、月を探査する無人探査機と、それを打ち上げるためのロケットの開発が進んでいる。

 今年5月3日には、そのロケットの根幹をなす大型ロケット・エンジンの燃焼試験も始まり、現在まで順調に回を重ねている。

「朴大統領のアポロ計画」ともいうべきこの計画は、果たして実現するのだろうか。計画の概要と問題点について、前後編の2回に分けて見ていきたい。

◆「2020年、月に太極旗をはためかせる」

 2012年12月。次期大統領を狙う朴槿恵候補(当時)は、テレビ討論の中で「2025年までに月着陸船を送るという計画があるがこれを操り上げたい。2020年に月に太極旗がはためくだろう」という公約を掲げた。

 この公約の背景には、韓国航空宇宙研究院(KARI)が進めていた月探査計画がある。KARIは韓国の航空・宇宙研究機関で、米国でいうNASA、あるいは日本でいうJAXAに相当する。もっとも、朴大統領自身が触れているように、KARIは2020年代中期の実現を目指した長期的な計画を考えていた。朴大統領はこれを前倒しし、2010年代後半から2020年までに実施するとしたのである。

 この公約によって改定された現在の計画では、2020年までに2機の月探査機を打ち上げることになっている。まず2018年に月の周囲をまわる探査機が打ち上げられ、月の表面を探査する。その1~2年後に月に着陸する着陸機を打ち上げ、探査車(ローヴァー)を走らせて探査を行う。どちらかというと後者のほうが本番で、月面に韓国製の探査車が降り立つことをもって、「月に太極旗を立てる」ことになる。また2018年に打ち上げる探査機は、この2020年に打ち上げるローヴァーの着陸地点の選定に必要な、月の地表のデータなどを得ることを目指している。

 しかし、韓国はこれまでに月に探査機を飛ばした経験はなく、そもそもロケットももっていない。つまり2020年までに、この2つを同時に開発し、完成させなければならない。

◆迷走した韓国のロケット開発

 これまでの韓国のロケット開発は、やや破綻した、迷走した歩みを続けていた。

 韓国は1985年に、「宇宙開発計画10か年計画」を策定し、国産ロケットによる国産衛星の打ち上げを目指すことになった。1990年代には小型のロケットを開発し、それを発展させることで、いずれ大型の、人工衛星を打ち上げられるほどの性能をもったロケットを開発するという手はずだった。

 当初、この計画はきわめてのんびりとしたものだったが、1998年に北朝鮮が中距離弾道ミサイル「テポドン1号」の発射を行い、その技術を世界に示したことに触発され、2000年になってようやく、韓国の衛星打ち上げ用ロケットの開発も本格的に動き出すことになった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160604-00096363-hbolz-soci

>>2以降に続く)