1:2016/06/10(金) 14:28:16.37 ID:
【ソウル聯合ニュース】
 
 韓国の検察は10日、ロッテグループの幹部が帳簿外の裏金づくりを行った疑いがあるとして、大々的な家宅捜索を行った。李明博(イ・ミョンバク)前政権時代に最も大きな恩恵を受けたロッテをめぐっては疑惑も多く、捜査の拡大も予想される。
684d1ab9.jpg

 ソウル中央地検が10日午前、ソウル市内のロッテグループ本社にある辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長の執務室と自宅、グループ会社など計17カ所を家宅捜索した。同じく本社にあるグループ創業者、辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の執務室なども捜索したもようだ。

 持ち株会社にあたるホテルロッテをはじめ、ロッテショッピング、ロッテホームショッピング、ロッテ情報通信などと、これら企業の主要役員の自宅も捜索対象となった。検察は検事や捜査官約200人を投入し、コンピューターのハードディスクや会計帳簿、下請け契約書、資産取引に関する資料などを確保したとされる。

 また、グループナンバー2のロッテショッピング政策本部長(副会長)ら数人の役員に出国禁止措置を取ったもようだ。

 検察関係者は「グループ会社間の資産取引の過程で裏金をつくった疑いがあり、家宅捜索を執行した」としながら、「主要役員の横領・背任事件と見なしてよい」と話した。

 検察は役員が下請け業者との取引単価を水増しして差額を受け取ったことを示す手がかりを確保したほか、グループ会社間の不審な資金の流れをつかんだとされる。こうした資金が創業家に流れたかも調べている。

 検察は年初からロッテに対する大々的な捜査に備えてきた。ロッテには辛格浩氏の宿願だった第2ロッテワールドの認可を受けるために政界に金品を供与した疑いをはじめ、釜山のロッテワールド用地の用途変更やビール事業進出、免税店運営事業の受注など、前政権時代の恩恵に絡む数々の疑惑がある。

 今後の捜査が李前政権の関係者に照準を合わせるという観測も流れている。
 
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/06/10/0800000000AJP20160610001600882.HTML?fce41fb0


ロッテグループに一斉捜索、裏金づくりか 韓国検察 重光氏は高熱出し入院
bb045c46.jpg
ソウル中心部のロッテホテル=10日(共同)

 聯合ニュースによると、韓国検察は10日、ソウル中心部のロッテホテルにあるロッテグループ本社や系列会社、役員宅など17カ所を一斉に家宅捜索した。
ソウルの高層商業施設「第2ロッテワールド」の建設や系列会社間の取引を通じ簿外の裏金をつくった疑いがあるという。

 ロッテグループでは昨年、創業者、重光武雄(韓国名・辛格浩)氏(93)の長男と次男の後継者争いが激化する中で、日韓をまたいだ系列企業間での複雑な株式の持ち合いなど、不透明な経営実態に批判が集まった。
今回疑惑が深まれば一層イメージが低下しそうだ。

 検察は10日、捜査員約200人を動員し大規模な捜索を行った。グループ役員らの執務室があるロッテホテル26階も捜索を受けている。

 一方、重光氏は高熱を出し9日からソウル市内の病院に入院した。容体は不明。
 
(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160610/wor1606100023-n1.html 
 
=管理人補足=
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
検察、ロッテ全方位家宅捜索...本格捜査に着手/ YTN(Yes!Top News)
2016/06/09に公開
 
[アンカー]
検察が財界5位ロッテグループの本格的な捜査に着手しました。検査と捜査官など2百人ロッテグループ本社と子会社7社、役員の自宅など計17箇所を同時に家宅捜索しています。家宅捜索が行われている現場に取材記者は私がいます。チェ・ミンギ記者!家宅捜索の進捗状況を伝えて下さい。

[記者]
検察は、午前9時から、ここロッテグループ本社の家宅捜索を行っています。グループ経営全般を決定する政策本部のオフィスで様々な内部の書類とコンピュータのハードディスクなどを確保していますよ。ホテル34階にある辛格浩ロッテグループ総括会長の執務室とシン・ドンビン会長の平倉洞自宅にも家宅捜索が行われたことが知られました。ロッテショッピングとロッテホームショッピングなど系列会社7社と他の役員の自宅まで含めると計17箇所で家宅捜索が行われています。

家宅捜索に投入された人員だけで2百人に達します。検察は、大規模な人員を投入して、様々な証拠資料を確保した後、ロッテグループ全体の不正疑惑について調べる計画であると伝えられました。

[アンカー]
主にどのような部分を見てみるというのですか?

[記者]
ロッテの経営陣の秘密資金造成や背任、横領などです。昨年いわゆる家族の私を介して、ロッテグループの持分構造が明らかになったんです。検察はこの時からロッテ一家に対する全般的な税務調査と各種諜報を準備してきたと分かりました。

検察は、系列会社間の取引の過程で役員が数十億ウォン台の秘密資金を造成した状況を捉えたものと伝えられました。ホテルロッテとロッテデパート、ロッテショッピング、ロッテマートなどにつながる受賞した資金の流れを発見したことと知られたんです。

検察は、このような資金がロッテグループのオーナー一家流れ入ったのかも調べる予定です。

[アンカー]
第2ロッテワールドの許認可に関連するロビー疑惑などについても調べてみるという言葉があったのですか?

[記者]
検察は、一度経営陣の秘密資金と背任、横領の疑いを主に観察したいという立場です。第2ロッテワールドに関連する捜査には線を引いているのです。

しかし、第2ロッテワールド建設許認可の過程で、様々な政界ロビー疑惑などが提起さ落札されましたほど、捜査拡大の可能性が大きいと言われています。

ロッテの宿願事業であった第2ロッテワールド建設当時、近くにいる城南空港が最も問題になりました。
555mの高さの第2ロット...(中略)