1:2016/06/11(土) 03:12:20.45 ID:
0573f80b.jpg
空軍のF-16D戦闘機、慶北青松に墜落

去る3月の我が空軍のF-16D戦闘機墜落事故はエンジンタービン装備の小さな部分が外れてエンジンに故障を起こして発生したことが明かされた。

空軍は墜落した戦闘機のエンジン製造業体である美国P&W(プラット・アンド・ホイットニー)社に損害賠償を要求することにした。

空軍は「去る3月末に発生したF-16D戦闘機墜落事故の原因は航空機エンジンのタービン1段階‘カバープレート’が脱落して連鎖的にタービンを損傷してエンジンが停止したことが調査された」と10日明らかにした。

航空機エンジンのカバープレートは推力を作り出す‘ブレード’を保護する装備だ。墜落したF-16Dは飛行中にカバープレート30余個の中の1個が外れてタービンを破損したことが把握された。

F-16D戦闘機は去る3月30日午後、東海岸上空で飛行訓練をする中でエンジンが停止して慶北青松の野山に墜落した。

戦闘機に搭乗していた操縦士2人は2度再始動を試図したがエンジンが作動せず、戦闘機が野山に向かうようにして非常脱出した。

空軍は「問題の部品は鋳造工程中‘高温亀裂’(Hot Tearing)がある状態で作られて、時間が経つほどに亀裂部位が大きくなって外れたことが調査された」と説明した。
bcc6e21d.jpg
墜落機の残骸

F-16D戦闘機墜落事故の調査過程には空軍事故調査団とエンジン製造業体のP&W、整備業体のハンファテックウィンの調査官が参加した。彼らは約2ヶ月のあいだ現場の調査、ブラックボックス分析、エンジン分解調査などをした。

P&W側もF-16D墜落事故の調査結果を受容したことが分かった。

空軍は「エンジン製作社も問題点を認識して(カバープレート)鋳造工程を改善した」とし「品質検査も標本検査から全数検査に拡大した」と説明した。

空軍関係者は「F-16D墜落事故の原因がエンジン欠陥と確認されただけに、製造業体であるP&W側に損害賠償を要求する方針」と強調した。

空軍は保有中のF-16系列航空機を対象に去る8日までエンジン内視鏡検査をして、航空機点検、高速地上滑走、操縦士・整備士安全教育などを経て来る14日飛行を再開する予定である。
 
2016/06/10 16:00
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/06/10/0200000000AKR20160610124300014.HTML

【韓国軍】韓国空軍F-16D戦闘機が墜落、パイロット2人は無事[03/21]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1459382104/