1:2016/06/17(金) 00:35:50.48 ID:
54ba96f5.jpg
国連大使への転任が決まり、記者会見する別所浩郎氏=16日、ソウル(共同)

 駐韓日本大使から国連大使への転任が決まった別所浩郎氏は16日、ソウルで記者会見した。昨年11月の日韓首脳会談や、従軍慰安婦問題解決に関する同12月の政府間合意に言及し「日韓関係が良い流れになりつつある中で任務を終えることができてうれしい」と述べた。

 別所氏は李明博前政権末期の2012年10月に駐韓大使に着任、13年2月の朴槿恵政権発足後も日韓関係は悪化が続いた。別所氏は会見で、昨年6月に日韓国交正常化50年を機に日韓で開かれた記念行事に両国首脳がそれぞれ出席したことが「(11月の)首脳会談につながる重要な転機」となったと振り返った。

 また「慰安婦問題の合意を双方がしっかり履行し、(同問題など)個別の問題が日韓関係全体を揺るがすことがないようにする必要がある」と強調した。
 
(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160616/wor1606160046-n1.html