1:2016/06/19(日) 14:17:59.12 ID:
 ■「非韓三原則」で対応を

 東アジアのことは分かっているようで、分かっていない。常識が共有されていないからだ。

 明治時代に日本の経済学者が朝鮮に渡り、土地の所有権がないこと、商人がいないことに驚いた。全土が王様の土地だから、土地所有の概念がない。王様が商人の存在を許さなかったから、商人がいない。物は中国から買っていた。

 李朝(李氏朝鮮)と北朝鮮は同じだ。国境を閉じて商業を抑圧している。北朝鮮に行っても商店がない。洋服店だと思ったら、壁に洋服の絵が描いてあった。

 朝鮮が外交でよく使うのが引き延ばしの「遷延(せんえん)策」だ。かつて李朝は(清を建国した)満州族の要求を引き延ばしたりした。慰安婦像の撤去も遷延策で引き延ばすだろう。大国に他の国の悪口を告げ口する「離間策」も使う。

 中国や北朝鮮、韓国は自分たちで美しい歴史を「整形」している。しかし、この歴史とは違う行動をしており、ちぐはぐだ。

 中国と朝鮮は100年前までずっと古代のままだ。東アジアの歴史では告げ口や拉致、襲撃は恒常的にあった。韓国は告げ口、北朝鮮は拉致、中国は東シナ海や南シナ海に進出。今も同じことを繰り返している。これを常識としてとらえてほしい。

 「日本列島」といわれるが、日本は「群島」だ。たくさんの島からなっている。日本は1つの島が奪われたら負けにつながる。これが常識となっていないので、深刻さが生まれない。
尖閣諸島は深刻だ。中国は最近、軍艦も派遣している。(領有権をめぐり)しっかり戦わないといけない。

 拉致や告げ口、襲撃が恒常化していた東アジアの人たちとの付き合いは難しい。韓国との付き合いは「助けず、教えず、関わらず」の「非韓三原則」で対応する方がいい。

http://www.sankei.com/region/news/160617/rgn1606170070-n1.html
 
【仙台「正論」懇話会】古田博司筑波大大学院教授「日本列島は群島という常識を」
f19d9a74.jpg
「今大きく動いている 『中国・韓国・北朝鮮』の現状と対策」と題して講演する古田博司氏=仙台市青葉区の江陽グランドホテル

 仙台「正論」懇話会の第44回講演会が16日、仙台市青葉区の江陽グランドホテルで開かれ、筑波大学大学院教授の古田博司氏が「今大きく動いている 『中国・韓国・北朝鮮』の現状と対策」と題して講演した。

 古田氏は、中国、韓国、北朝鮮の歴史認識について「自分たちに都合のいい美しい歴史史観を並べ、本当の歴史と違う行動をする」と批判した。

 さらに、中国軍艦が15日に鹿児島県の口永良部島周辺で領海侵入したことに触れ、「日本にはたくさんの島がある。列島ではなく群島という常識を持たないといけない」と指摘。その上で、「日本は島1つ取られたら負け。南シナ海の(島々の)ように滑走路をつくられてしまう。尖閣諸島の問題は深刻で、きちんと戦わないと大変なことになる」と警告した。

http://www.sankei.com/politics/news/160616/plt1606160061-n1.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【筑波大院教授・古田博司】韓国が重ねる歴史研究の「虚偽」 自分たちが作った「韓国史」という偶像を崇め奉る韓国人(2016/03/18)
【古田博司・筑波大院教授】「日韓基本条約を不平等だと言うなら、韓国の鉄道をひっぺがえし全部返せ…」(2016/02/19)
上記を含む古田氏の記事はこちら↓からどうぞ
http://mizuhonokuni2ch.com/?tag=%E5%8F%A4%E7%94%B0%E5%8D%9A%E5%8F%B8