1:2016/06/22(水) 23:28:27.45 ID:
6bd598c8.jpg
モニター中継で報道陣に公開された株主総会でシャープ買収の意義を強調する鴻海精密工業の郭台銘会長=22日、台湾・新北市(石川有紀撮影)
86283c69.jpg
株主総会が開かれた鴻海精密工業本社=22日、台湾・新北市(石川有紀撮影)
5d3e2f09.jpg 
 
73aa15e4.jpg 
大勢の報道陣が詰めかけた鴻海精密工業の株主総会を中継するモニター=22日、台湾・新北市(石川有紀撮影)
c8617284.jpg
株主総会を取材するため、台湾や日本のメディアが集まった鴻海精密工業本社=22日、台湾・新北市(石川有紀撮影)
03668c56.jpg
報道陣にモニター中継で公開された鴻海精密工業の株主総会=22日、台湾・新北市(石川有紀撮影)

【新北(台湾)=石川有紀】
 
 経営再建中のシャープを買収する台湾の鴻海精密工業は22日、台湾北部の新北市の本社で株主総会を開いた。シャープの次期社長に内定している戴正呉グループ副総裁は、全世界で7千人規模の人員を削減する可能性があると明らかにした。また、中国・深セン市にシャープの海外販売を統括する本部を立ち上げ、シャープの海外子会社や販売代理店を整理する方針も示した。

 戴副総裁は総会後、記者団に対し「(全世界で7千人を削減する)可能性はある。納期やコスト管理を厳しく見直す」とリストラに言及した。その上で「まずは全社員に実施している給与カットを元に戻し、信賞必罰で実績のある人に報いたい」と述べた。

 総会ではシャープの再建について、先行きを懸念する声も株主からあがった。郭台銘会長は「人材や財務の無駄をチェックする。7月からはシャープの海外子会社などを整理する」と述べ、収益改善に向けたリストラ策を加速する意向を示した。

 鴻海は23日のシャープ株主総会で新経営陣などが承認されれば、6月末に出資を完了する予定だ。

http://www.sankei.com/economy/news/160622/ecn1606220043-n1.html