1:2016/06/23(木) 16:10:38.87 ID:
現代自動車もかつて、現代グループから独立した
7ca5b411.jpg

かつて韓国で最大最強の財閥と言えば、「現代(ヒュンダイ)グループ」だった。

 創業者の子供たちによる経営権継承を巡る対立で現代自動車や現代重工業など有力企業がすでに
グループから離脱していたが、残っていた有力企業も相次いで売却、離脱が決まった。

 縮小に歯止めがかからない現代グループは、近く目実ともに「大企業」の看板を降ろすことになる。

 現代グループの主力企業である現代商船は、早ければ2016年7月中にも臨時株主総会を開く方向で取引銀行団などと協議中だ。

 海運業界の国際アライアンス加入問題など、なお、不透明な点は残っているが、現代グループ企業や
オーナー家が保有する株式を大幅に減資して、事実上、銀行管理による再建を模索する方向だ。
 
 
主力の現代商船、グループ離れ銀行管理に

 現代グループと取引銀行団との協議がまとまれば、現代グループ企業とオーナー家の持ち株比率は
1%台に下がる可能性が強く、現代商船は現代グループから離れることになる。

 国策銀行の韓国産業銀行(KDB)など取引銀行が債権を株式に転換して大株主となり、当面は銀行傘下で再建作業を進める手順だ。

 銀行団は、現代商船が国際アライアンスに加入することが支援の条件としている。現代商船は、商船三井、日本郵船などが設立する「ジアランアンス」への加入を申請している。これが認められるかはまだ分からない。

 ただ、現代グループが現代商船を抱えて再建を進める可能性はほとんどないとの見方が強い。

 現代グループは、主力企業だった現代商船の経営不振で資金繰りが悪化し、資産売却を重ねてきた。2016年に入ってからも、現代証券など金融関連企業を大手銀行である国民銀行を傘下に持つKB金融持ち株会社に売却したばかりだった。

 相次ぐ売却と分離で、現代グループは、大幅に縮小することになる。
 
続きはリンク先で
http://jbpress.ismedia.jp/mobile/articles/-/47171?page=1 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】一時は財界1位だった現代グループ 「大企業」の看板を下ろし「中堅企業」に!(2016/06/08)