1:2016/06/30(木) 22:38:27.22 ID:
58be1593.jpg

再来年、韓国で開かれるピョンチャン(平昌)オリンピックとパラリンピックでのボランティアの募集が始まり、フィギュアスケートの金メダリストで大会の広報大使を務めるキム・ヨナ(金妍兒)さんが参加を呼びかけました。

2年後の2018年に韓国で開かれるピョンチャンオリンピックとパラリンピックで、大会期間中に選手や観光客のための通訳や案内などをするボランティアは、オリンピックで1万6000人、パラリンピックで6400人が必要とみられています。

30日午前、ソウルで開かれた記者会見で、イ・ヒボム(李煕範)組織委員長は「ボランティアの明るい表情と親切なサービスによって、大会の品格が決められ成否を分けます」と述べ、ボランティアの重要性を強調しました。また、フィギュアスケートのオリンピック金メダリストで、現役を引退し、大会の広報大使を務めているキム・ヨナさんが「あなたの情熱で韓国と世界をつないでください。地球村のお祭りが始まります」とボランティアへの参加を呼びかける動画も公開されました。

ボランティアは、来年3月から1年近くをかけて、組織委員会による講習やトレーニングを受けて大会に臨むということです。
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160630/k10010578521000.html 
 
=管理人補足=
ご参考までに。
google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
平昌冬季オリンピック組織委員会、平昌に移転/ YTN(Yes!Top News)
2016/06/27に公開
 
2018年の平昌冬季オリンピック組織委員会がソウルで大会が開催される江原道平昌に移転しました。組織委員会は、今日の午後、江原道平昌大関嶺面で平昌主たる事務所の開所式を開いて、本格的な大会の準備に入りました。

157億ウォンをかけて作った冬季オリンピック組織委員会主事務所は、内部にオフィススペースと総合状況室などを備えています。

主たる事務所箇所に応じて、組織委員会はオリンピックが開催される2018年2月まで平昌を本部に江陵とソウルに小規模事務所を置いて運営されます。