韓国 
(イメージです。)


1
:2016/07/05(火) 00:47:53.79 ID:
韓国はグローバル軍需産業市場の「大手」だ。昨年末、米国議会図書館傘下の議会調査局は2014年に韓国が78億ドル(約9兆3000億ウォン)の武器購買契約を締結し、世界最大の武器輸入国になったと明らかにした。スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、2011-2015年の世界武器輸入量のうち韓国は2.6%を占め、10位だった。

しかし世界市場で韓国軍需企業の地位はみすぼらしい。売上高基準で50位以内に入る企業は一つもない。「世界市場で需要が多い先端武器分野で核心の技術力を保有できず、輸出を増やすのに限界がある」という指摘がある。

◆世界50位以内にイスラエル企業2社

グローバル軍需産業分野で権威があるディフェンスニュースが売上高で集計した「2015トップ100グローバル軍需企業」によると、国内最大の軍需企業ハンファは53位だった。LIGネクスワンは59位、韓国航空宇宙産業(KAI)は61位、ハンファテックウィンは73位。

50位以内に自国の軍需企業の名を連ねた国のうち目を引くのはイスラエルだ。イスラエルは今年、国内総生産(GDP)予測値が3062億ドルと、韓国(1兆3212億ドル)の23%にすぎない。しかし世界軍需企業順位50位以内にはエルビットシステム(29位)とイスラエル航空宇宙産業(IAI、32位)の2カ所が入った。

チェ・ウソク韓国防衛産業学会長は「イスラエルは1990年代末から軍需産業に競争体制を導入し、この分野を国家経済の成長動力に育成した」とし「韓国が軍需産業輸出市場で新興強国に浮上しているというが、技術力などのいくつかの面で前途ははるか遠い」と指摘した。

◆核心技術なく輸出拡大に限界

韓国軍需産業の輸出は2011年以降、年平均11.6%増加している。しかし軍需企業が核心技術を保有していないため輸出を今後さらに増やすには限界があると、業界は見ている。昨年、軍需産業輸出が減少に転じたのは軍需産業不正捜査の影響もあるが、核心技術の不足が根本的な要因だと専門家らは説明する。

KAIが推進中の超音速高等訓練機T-50のウズベキスタン輸出が白紙となる危機を迎えたのが代表的な事例だ。KAIは昨年5月、ウズベキスタンのカリモフ大統領が訪韓した際、T-50を12機(4億ドル規模)輸出するための協議を始めた。しかしエンジンなどT-50の核心技術を提供した米国が昨年下半期、ウズベキスタンへの輸出に反対し、難航している。

政府関係者は「米国政府がウズベキスタンの児童人権弾圧や親ロシア性向などを理由にT-50輸出に反対している」とし「韓国政府にこうした意向を伝えてきた昨年下半期以降、米国政府を説得しようと努力したが、今は議論が完全に中断した状況」と明らかにした。

KAIが開発したT-50のエンジンなど核心技術は米ロッキードマーチン社が提供した。この技術は米国政府の輸出承認(EL=export license)対象で、他国に輸出するには米国の承認を受けなければいけない。

◆「開かれる市場を逃す危機」

中東の国を中心に世界武器輸入需要は増えている。代表的な国がサウジアラビアだ。昨年サウジアラビアは武器の輸入だけでも前年比50%増の93億ドルを投入し、武器輸入世界1位になった。

サウジアラビアはポストオイル時代に備え、2%ほどの軍需産業自給度を2025年までに50%に高めるという「ビジョン2030」計画を発表した。このため先進国軍需企業に技術の移転などを要請している。好感度が高い韓国企業にもラブコールを送っている。

しかし国内企業は技術力不足のため拡大する市場に積極的に対応できずにいる。ソ・ウドク建国大防衛事業学科教授は「韓国の軍需企業が早期に技術レベルを高め、新しい軍需産業市場を先に獲得する必要がある」と話した。

http://japanese.joins.com/article/817/217817.html

>>2以降に続く)