pagoda-30049_640_20160706123137c39.png 
(イメージです。)

1
:2016/07/06(水) 10:37:06.93 ID:
仏像盗難、所有権「日本側が証明を」 韓国・浮石寺住職
瑞山=東岡徹

2016年7月5日23時21分

 浮石寺の円牛住職との主なやりとりは次の通り。

対馬で盗まれた仏像、遠い返還 韓国の寺「倭寇が略奪」

 ――仏像(観世音菩薩坐像)は対馬市の観音寺から盗まれた。

 窃盗は絶対にあってはならない。日本では、韓国が盗んだ物を返していないと言われているが、そうではない。盗んだ人は逮捕され、処罰された。それで窃盗事件は終わった。

 仏像の中から見つかった「結縁文」から、浮石寺でまつられていたことは明らかだ。これは観音寺も認めている。残った問題は、仏像の所有権が元の所有者である浮石寺にあるのか、占有者だった観音寺にあるのかということだけだ。

 ――観音寺や日本政府は盗まれた仏像を返すべきだと主張している。

 観音寺が仏像を取り戻したいのであれば、占有するようになった経緯を証明しなければならない。それが文化財の普遍的な概念だ。

http://digital.asahi.com/articles/ASJ6874GSJ68UHBI035.html?rm=335