1:2016/07/06(水) 22:20:32.87 ID:
c0ad79d8.jpg
今月4日、国立アジア文化殿堂こども文化院で作業員が防水工事を行っている。

今月4日、光州広域市東区光山洞(クァンジュクヮンヨクシ・トング・クァンサンドン)の国立アジア文化殿堂こども文化院。ガラスのドアを開けて内部に入ると、作業員4人がエレベーター近くの空間で内部壁材を引き剥がしていた。梅雨による大雨が降った3日に雨漏りした部分に対する防水作業を行うためだ。高所作業車に乗って天井側に近づいた作業員は、汗を流しながら作業を行っていた。この日、アジア文化殿堂の至る所でこのような作業が進められた。昨年11月に正式開館したアジア文化殿堂で漏水被害があったためだ。アジア文化殿堂は7000億ウォン(約611億円)の予算が投入された超現代式建物だ。

5日、アジア文化殿堂によると、梅雨のあった3日から4日にかけて、殿堂の建物内部に雨漏り被害が出た。雨漏り現象が発生した場所はアジア文化殿堂にあるこども文化院と文化情報院・文化創造院・民主平和交流院・芸術劇場など5つの空間のうち3つの空間・10カ所余りにのぼる。

週末と休日を迎えて、アジア文化殿堂を訪れた観覧客は雨をよけて観覧しようと不便を強いられた。子供と一緒に観覧に来た市民は、雨水のために滑りやすくなった床で子供が転倒するのではないかとやや緊張した面持ちだった。小学生の子供連れで観覧に来たパク・ソンミさん(40)は「開館から1年も経っていない建物で、1、2カ所ならまだしも10カ所余りも雨漏りするというのが理解ができない」と話した。

アジア文化殿堂側は各所で雨漏りしていることが分かると、プラスチックバケツを設置したり雑巾で床の雨水を拭いたりした。また、施工者側に緊急補修を要請して定期休館日(月曜日)の4日から本格的な防水工事に入った。

アジア文化殿堂によると、今回の漏水は主に天井に設置された採光窓とシリコンの間の隙間で起きたものと推定される。また、普段より多い雨が一度に降った点も雨漏りの一因に挙げられている。光州地方気象庁によると、光州地域は3日の一日だけで70.7ミリの雨が降るなど1日からの三日間で187ミリの豪雨に見舞われた。

アジア文化殿堂が雨漏りしたのは今回が初めてではない。ことし初めにも、雨が降ったあと各所で雨漏りしていたというのが殿堂側の説明だ。「当時は観覧に支障を出るほど深刻な状況ではなかった」と殿堂側は明らかにした。

アジア文化殿堂は5・18民主化運動が起きた過去の全南(チョンナム)道庁跡に敷地面積13万4815平方メートル・延べ面積16万1237平方メートル規模で造成された。昨年9月に一部施設を臨時開館された後、11月の正式開館から1年にも経っていなかった。手抜き工事だったのではないかとの指摘されている背景だ。

アジア文化殿堂側は大型建築物ということで、すべての施設に対する完ぺきな防水は難しいという立場だ。欠陥保証期間が3年という点から、追加予算は投入せずに施工者を通じて補修作業を進める方針だ。アジア文化殿堂関係者は「開館後、何度も雨漏りがあった。再びこのようなことがないように最新工法で補修工事を行っている」として「採光窓の特性上、雨水に弱い部分もあるようだ」と述べた。
 
http://japanese.joins.com/article/946/217946.html 
  
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】オープン間もない高尺スカイドームで雨漏り!(2016/07/03)
【画像】韓国、延世大学中央図書館、梅雨で水びたしに! ⇒2ch「雨漏りとかいうレベルじゃねぇww」(2016/07/02)