1:2016/07/07(木) 17:43:01.97 ID:
e01582bf.jpg
ソウルの「高尺スカイドーム」(聯合=共同)

 家は水回りから悪くなる-。リフォーム会社のチラシに、そう書いてあった。日本人なら「それはそうだ」と思うだろうが、韓国人なら「その前に雨漏りを何とかすべきだ」と言うだろう。韓国では、巨額資金を投じた建造物ですら、完成後すぐ、雨漏りが始まることが珍しくない。

 建築技術のレベルの前に「手抜き」がある。施行者がマニュアル通りに施工せずに手抜きをするか。あるいは材料代の節約だけでなく、手抜きをせざるを得ない下請け代金なのか…。出来上がった建造物の内実は「産業文化の水準」を示す。

 7月1日の韓国は雨が降り続いた。といっても、1日で30~40ミリほどだったようだ。その雨で、「韓国初のドーム球場」と鳴り物入りの完工を祝ったソウルの「高尺(コチョク)スカイドーム」で雨がポタポタと漏れた。完工後もいろいろと手直しをしていたのだが…。韓国はまだ「高尺球場でワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アジア予選を開催しろ」と叫び続けるのだろうか。

 同じ日、延世(ヨンセ)大学の中央図書館も大変だった。

 韓国の新聞ではベタ記事だったが、日本のコリア・ウオッチャー「楽韓さん」のブログに載った動画(オーマイTV)を見て驚いた。始めポタポタで、後はウオーターパーク。天井からの滝のような噴出に学生たちが悲鳴を上げて逃げ惑った。

 同じ日、ロッテデパート釜山本店では、地下1階の天井の隅が崩れ落ちた。現地報道によると「換気口に雨水が溜まったため」とロッテは説明している。雨水が溜まる換気口、その重みで天井が崩落するとは、どんな構造をしているのか、見当がつかない。

 2015年7月には、光州(クァンジュ)市で開催していたユニバーシアードのバレーボール会場で雨漏りがあった。

 同年2月には、済州(チェジュ)島西帰浦(ソクィポ)市の「ミュージカルスター・ガラコンサート」(=俗称・西帰浦芸術の殿堂)で、公演中に雨漏りがあり、大騒ぎになった。

 13年8月には、サムスングループが経営する「ソウル新羅(シルラ)ホテル」がリニューアル開店後6日にして雨漏りに見舞われ、最上階のレストランが営業を中止した(夕刊フジ13年8月14日発行号、参照)。

 同年1月には、完成して1カ月しかたたない忠清南道(チュンチョンナムド)の道庁で雨漏り。

 切りがないから、事例紹介は止めにするが、「巨額を投じた建造物」の故に報道されただけで、こんなものなのだ。「民間一般」は、どんなものなのか。

 雨漏りは建物に限らない。現代(ヒュンダイ)自動車のスポーツ多目的車サンタフェも雨漏りがあり、ユーザーに訴えられた。麗水(ヨス)市の李舜臣(イ・スンシン)広場に展示してある亀甲船の巨大な復元(想像)模型の内部は、雨漏りを受けるバケツがあちこちにある。

 これは雨ではなく雪だが、14年2月には慶州(キョンジュ)市のリゾート施設にある体育館が雪の重みで崩壊し、学生10人が死亡した。「梁(はり)の材質に問題があった」うえに、さまざまな手抜きが判明した。

 18年平昌(ピョンチャン)冬季五輪に行かれる方は、「雨漏り文化大国」の建造物に、くれぐれも御用心を。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160707/frn1607071140002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160707/frn1607071140002-n2.htm 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】7000億ウォン投じた韓国の文化施設 開館1年も経たずに雨水漏れ!(2016/07/07)
【韓国】オープン間もない高尺スカイドームで雨漏り!(2016/07/03)
【画像】韓国、延世大学中央図書館、梅雨で水びたしに! ⇒2ch「雨漏りとかいうレベルじゃねぇww」(2016/07/02)
「すげえな。だだ漏れやんw」 ⇒ 【第2ロッテワールド】ユニクロ店内が水漏れによりびしょびしょに!(2015/05/02)