silhouettes-359976_640_2016070822345578a.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/07/08(金) 15:29:02.71 ID:
ハ~イ! みなさん。

米国で前代未聞の事態が起きた。米大統領選で民主党の候補指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官が2日、長官在任中の公務に私用メールを使っていた問題で、米連邦捜査局(FBI)の事情聴取を受けたんだ。

FBIは何年も前から内偵捜査を続けていたという。

これに先立ち、ロレッタ・リンチ司法長官と、ヒラリー氏の夫であるビル・クリントン元大統領が、密かに会談していたことがスッパ抜かれた。

リンチ氏は「捜査については話題に上らなかった」と釈明しているが、米国内では大きな議論になっているぜ。

リンチ氏は、クリントン、オバマ両政権でニューヨーク東部地区連邦検事を務め、昨年4月にオバマ大統領に司法長官に抜擢された人物だ。

FBIの事情聴取と、元大統領とリンチ氏の密談が、大統領選にどう影響するかは分からない。

ともかく、ヒラリー氏に関する疑惑拡大は、民主党にはショックな出来事に違いないぜ。

日本でも現在、参院選(10日投開票)が行われているが、悪質な選挙妨害があるらしいな。

俺の友人でもある自民党の片山さつき元参院外交防衛委員長は比例代表から出馬しているが、日本の友人から「街頭演説中に暴漢に襲われた」という連絡が入って、ビックリしたぜ。

聞くと、東京・JR立川駅前で2日夜、街頭演説の準備を始めたところ、「戦争法反対」「脱原発」などと書かれたプラカードを持った左翼系団体とみられる約20人の男女に取り囲まれた。

「帰れ!」「黙れ!」などと罵声を浴びせられ、手を激しくたたかれたという。完全な傷害事件だぜ。

また、日本のこころを大切にする党では、事務局員が切符を買いに行ったら、担当者から「日本のこころには売れない」と言われたという。

慰安婦問題の真実解明に取り組んでいる中山成彬元文科相がツイッターで発信しているそうだが、日本でこんな卑劣な行為があるとは、尋常じゃない。

沖縄でも、米国でもそうだが、「平和」を唱えている連中ほど、イザとなると暴力的になる。正体見たりだぜ。警察や選挙妨害を取り締まる役所は、断固として法律と正義を貫いてほしい。

選挙について、「白票でもいいので投票に行くべきだ」という人もいるが、これは間違いだ。自分の考えと100%同じ候補者などいない。

意見が少し違っていても、一番近い考えの候補者に投票しなければ、白票は敵を利することになる。ベストでなくてもベターを選ぶべきだ。

親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

ぜひ、みなさんも選挙に行って、日本が未来永劫(えいごう)、平和でいい国になるよう、努力してくれると考えられる候補に投票してほしい。

では、また会おう!

ZAKZAK 2016.07.08 トニー・マラーノ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160708/dms1607081140007-n1.htm