012.png 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/07/09(土) 13:34:24.72 ID:
◆北、SLBM1発発射 初期飛行に失敗か 米制裁に反発

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は9日午前11時半(日本時間同)ごろ、咸鏡南道新浦(ハムギョンナムドシンポ)沖の日本海で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられるミサイル1発を発射した。

聯合ニュースによると、軍は「初期飛行に失敗した」との見方を示した。

北朝鮮に対しては、米国が6日、人権侵害を理由に金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長を制裁対象に指定したと発表。

8日には米韓両国が米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を発表しており、こうした措置に対する反発とみられる。

北朝鮮は4月23日にも、新浦沖でSLBM1発を発射。北朝鮮は実験に「成功した」と主張したが、ミサイルは約30キロ飛行して空中爆発したとみられている。

SLBMは発射の事前探知が困難で、北朝鮮は開発を急ピッチで進めている。

産経新聞 2016.7.9 12:24更新  【ソウル=藤本欣也】
http://www.sankei.com/world/news/160709/wor1607090041-n1.html
 
 

◆北SLBM発射 安倍晋三首相「北朝鮮を断固として糾弾」

安倍晋三首相は9日午後、東京都内で記者団に対し、北朝鮮が日本海で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる飛翔体1発を発射したことに関し

「今回の北朝鮮の行動については関係国と連携を密にして情報収集をしている。直接日本の安全保障に影響が及ぶものではないと認識している」と述べた。

さらに「国連安全保障理事会決議への明確な挑戦だ」と北朝鮮の行動を非難した上で、「国際社会と連携して断固として北朝鮮を糾弾していかなければならない」とも語った。

産経新聞 2016.7.9 13:00更新
http://www.sankei.com/world/news/160709/wor1607090042-n1.html
 
 

◆北朝鮮、SLBM実験で失敗か…韓国軍が分析

韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午前11時30分頃、咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)市東南の日本海上で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と見られる飛翔体1発を発射したと明らかにした。

北朝鮮が海上でSLBMの発射実験を行ったのは、今回が5回目。

韓国軍によれば、SLBMは潜水艦から正常に射出されたが、飛行の初期段階で失敗した模様だという。

DailyNK Japan 2016年07月09日
http://dailynk.jp/archives/70362


関連
【軍事】北朝鮮がミサイル発射 韓国軍が発表[7/9] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468034705/
【THAAD】在韓米軍の迎撃ミサイル配備に中国外務省が声明「強烈な不満と断固とした反対を表明する」[07/08]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1467949030/
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
北朝鮮、ミサイル発射!韓国軍が発表(2016/07/09)
【THAAD】在韓米軍の迎撃ミサイル配備に中国外務省が声明!「強烈な不満と断固とした反対を表明する」(2016/07/08)
 
=管理人補足=
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
  
北、またSLBM試験発射..."初期飛行失敗" / YTN (Yes! Top News)
2016/07/09に公開
 
[アンカー]
北朝鮮が去る4月に続きまた再び潜水艦発射弾道ミサイル、SLBM試験発射をしたが、正常な飛行がなされなかったです。韓米両国の高高度ミサイル防御体系、サード配置決定とアメリカの北朝鮮人権追加制裁に反発したのに伴ったという分析が出てきています。キム・ジュヨン記者の報道です。

[記者]
北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル、SLBMを撃ったのは午前11時半ぐらい。咸鏡南道(ハムギョンナムド)、新浦(シンポ)東南側海上で1発を発射しました。
 
2千トン級である新浦(シンポ)級潜水艦で発射されて水の外に抜け出して点火するには成功したが、わずか何kmしか飛ばず空中で爆発したと伝えられました。

北朝鮮がSLBMを発射したのは去る4月23日に続き2ヶ月ぶりです。

当時には海水面で10m余り深さの潜水艦で発射されて水の外でわき上がって約30kmを飛んで行ったが、今回は飛行距離など一部技術が当時水準に至らないと分かりました。
 
合同参謀は北朝鮮が先月中距離弾道ミサイル ムスダン試験発射に続き今回のSLBM発射まで国連安保理決議を正面から違反しているとし北朝鮮の挑発行為を強力に糾弾すると明らかにしました。

北朝鮮の今回の発射は、韓米両国が駐韓米軍に高高度ミサイル防御体系、サードを配置することにしたと発表した直後の出来事なので注目されます。

[キム・ヨンヒョン/東国(トングク)大北朝鮮学科教授:
サード体系でSLBMは迎撃が不可能ですね。 そう見ると北朝鮮の立場では明確にアメリカと韓国のサード問題に対して正確に北朝鮮は反発する姿を見せて…]

これと共に最近アメリカ政府がキム・ジョンウンなどを人権蹂躪を理由に追加制裁対象に指定したことに対して反発して武力示威に出たという分析も出てきています。先立って北朝鮮はアメリカの人権制裁を宣戦布告だと規定して強硬な反応を現わしました。

YTNキム・ジュヨンです。