中国 
(イメージです。)


1
:2016/07/12(火) 20:22:00.42 ID:
 南海仲裁案について仲裁裁判所は12日、不法で無効ないわゆる最終判決を下しました。これに対して中国側は、「フィリピン政府が一方的に申し立てた仲裁は国際法に違反する上、国際裁判所は南海仲裁案について管轄権を持たない。そのため、中国はこれを受け入れず認めない」と表明しました。

 各国の指導者らが相次いで南海問題における中国の立場の支持を表明した上で、対話と協商による南海問題の平和的な解決を呼びかけています。

 カンボジアのフン・セン首相は、「南海仲裁案の結果は政治的目的で生じたもので、カンボジアはこれを支持しない。この地域外の一部の力が中国に反対しようとしている。これはASEANと地域にマイナスの影響を及ぼすだろう」と述べた上で、一部国家に干渉の停止を求め、二国間交渉での問題解決を呼びかけました。

 また、マラウイ大統領、ジンバブエ大統領、パキスタン大統領、コンゴ共和国大統領、パプアニューギニア首相、タジキスタン大統領、赤道ギニア与党民主党総書記、モーリタニア与党主席らが南海問題における中国の支持を表明しています。

 中国とASEANは2002年に「南海問題各側行動宣言」に調印しました。同宣言には、当事国による直接的な交渉で争いを解決することが明確に記されています。
 
http://japanese.cri.cn/2021/2016/07/12/141s251302.htm