1:2016/07/12(火) 23:02:11.62 ID:
c334a13e.jpg
12日、北京の中国外務省で記者会見する陸慷報道局長(共同)

 中国英字紙チャイナ・デーリーは12日、南シナ海での中国領有権主張の根拠を示す資料を展示する「国家南シナ海博物館」の建設が南シナ海に浮かぶ中国・海南島(海南省)で進められていると報じた。同省で来年開かれる国際会議「博鰲アジアフォーラム」の年次総会に合わせてオープンするという。

 同紙によると、プロジェクト責任者は「博物館は南シナ海の領有権を示すプラットフォーム(基盤)となる」と述べた。昨年11月に着工、今年末に完成する。中国と東南アジアやアラビア半島、アフリカ東岸を結んだ海上シルクロードの歴史的資料を展示し、中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の研究などにも活用する計画だ。
 
(共同)
http://www.sankei.com/world/news/160712/wor1607120052-n1.html