beyond-1087922_640.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/07/17(日) 23:20:04.47 ID:
 韓国経済が成長のエンジンを失いつつある。成長を引っ張ってきた重工業も大きな困難に直面しているが、これに代わる新しい「食いぶち」が見えてこない。かつて李明博(イ・ミョンバク)政権は「グリーン成長」を掲げ、今の朴槿恵(パク・クンヘ)政権は「創造経済」を掲げているが、今のところ目に見える成果は何も出ていない。

 韓国は半島国家だが、北朝鮮が存在するため島国のような立場に置かれている。つまり大陸と陸続きだが、移動には船か航空機を使うしかなく、汽車では行き来できない。われわれが中国や日本と車や汽車で行き来できれば、気象条件の影響も受けないし、さらには日本と中国の中継地になり、東アジアを旅行する観光客の多くが韓国に立ち寄るようになるだろう。

 韓国と中国、そして韓国と日本を結ぶ海底トンネルの建設を提案したい。トンネルを建設するとなれば、その入り口となる釜山や永宗島の埋め立てや開発など、日本人と中国人の誘致に向けた地域開発に投資を引き込むこともできるだろう。

 ちなみに韓日トンネルに関しては日本側がかなり前から希望してきたし、韓中トンネルも数年前から構想が語られてきたが、いずれも進展がないと聞いている。これには韓国側の消極的な態度が影響しているはずだ。韓中、韓日トンネルは単なる経済的な効果だけではなく、韓国人の活動範囲と発想を広げ、韓国がこれまでよりも一段階飛躍できる大きなきっかけになるはずだ。

チョ・ギョンソンさん(慶尚南道河東郡)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/15/2016071501674.html