1:2016/07/30(土) 14:23:16.82 ID:
(写真)
c59b5f49.jpg

台湾の李登輝元総統(93)が30日、沖縄県石垣島を訪問するため台北の空港を出発した。訪日は昨年7月以来で、2000年の総統退任後8回目。31日に全国青年市長会で「石垣島の歴史発展から提言する日台交流のモデル」をテーマに講演する。8月3日に台湾へ戻る。

石垣島は台湾からわずか約250キロ。歴史的にも結び付きは深く、台湾が日本に統治されていた戦前、石垣島に多くの台湾人が入植しパイナップル産業の基礎を築いた。30日午後は台湾の農業者をたたえる島内の記念碑「台湾農業者入植顕頌碑」を訪れる。

李氏は昨年7月、東京や福島などを訪問した。関係者によると、昨秋以降体調がすぐれず、台湾でのレセプションなどへの出席をキャンセルし静養していたが、今春には回復。5月20日の蔡英文総統の就任式や大学の講演会にも出席した。李氏の沖縄県訪問は08年以来2回目。
 
(共同)
ソース:産経
http://www.sankei.com/world/news/160730/wor1607300027-n1.html