1:2016/08/03(水) 18:07:00.76 ID:
94668aae.jpg
円福寺の「愛染明王立像」…どちらが本物? 3Dプリンターで作られた複製品は右(和歌山県立博物館提供)

 3Dプリンターで作った仏像や神像の複製を無人の寺やお堂、神社に置く動きが、和歌山県で広がっている。像が盗まれる事件が県内で近年多発し、「身代わり神仏」として活用。和歌山県立博物館の主導で平成24(2012)年以降、県内8カ所で計19体が複製、安置され、全国的にも珍しい取り組みとなっている。

 盗まれた仏像はオークションなどで売りさばかれるケースがあり、県警幹部は「海外に渡った可能性もある」と漏らす。

 打開策として県立博物館が寺や神社に提案したのが、視覚障害者のための「触れる文化財」として活用していた3Dプリンター技術だった。1体数万~十数万円で複製が可能で、プラスチック製だが本物と見分けられないほど精巧。

 同博物館の大河内学芸員は「こうした防止策もあると知ってほしい」と話した。

 仏像などをめぐっては、長崎県対馬市で26年11月、寺から仏像などが盗まれる事件が起きた。
盗み出されたのは市指定の有形文化財「誕生仏」と大般若経360巻で、総額約1億1千万円相当。韓国人5人が逮捕され、窃盗品も取り戻されたが、一つ間違えば大損害だった。

 対馬でも24年10月にも韓国人らによる同様の窃盗事件が起きている。このときは神社と寺から盗まれた国指定重要文化財と県指定有形文化財の仏像計2体が韓国に持ち込まれた。
 
http://www.sankei.com/west/news/160803/wst1608030072-n1.html