1:2016/08/06(土) 14:39:43.51 ID:
719b1e79.jpg
写真は韓国・仁川市。

2016年8月5日、韓国・MBNによると、韓国・仁川市がサッカー競技場250個分の敷地に650億ウォン(約59億円)の工事費を投じて公園を造ったが、市民らからは不満の声が相次いでいるという。

仁川市が今年7月にオープンさせた184万平方メートル規模の「シーサイドパーク」。韓国土地住宅公社(LH)は650億ウォンをかけて公園内にキャンプ場やレールバイクを造ったというが、どこにも“案内板”が見当たらない。そのため、初めて訪れた利用客は、トイレはもちろん、休憩するベンチすらないままサッカー競技場250個分の広さの公園をさまよわなければならない。さらに、ようやくレールバイクの停留所を見つけても、建物内はがらんとしており、バイクは雑草の中に置かれている。このような状況に、利用客らは「道もまともに整備されていない。600億ウォンを投じた公園とはとても思えない」などと不満の声を漏らしているという。

同公園はLHが隣接する新都市の開発利益で造ったもので、仁川市が寄付を受けて運営することになった。しかし、仁川市は利用客の需要や利便性を考慮せず、40億ウォン(約3億6000万円)の年間運営費を確保する方案もないまま公園をオープンさせた。

これについて、仁川市関係者は「さまざまな問題があり、仁川市が独自で運営するのは難しい」と話しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「泥棒らがいくら持っていった?」
 
「仁川市の税金の浪費は他の自治体とレベルが違う」
 
「国に金がないわけではない。ただ泥棒が多いだけ」
 
「これが韓国公務員の現実だ…」
 
「ここは韓国だよ?別に驚かない」
 
「典型的な韓国スタイル」
 
「それをただ見ているだけの仁川市民にも責任がある」
 
「誰が責任を取る?仁川市は市民を甘く見過ぎている」
 
「いっそ抽選で選ばれた仁川市民600人に1億ウォンずつ支給した方がいい」
 
「ちょうど良かった。その公園にサードミサイルを配備しよう」
 
(翻訳・編集/堂本)
http://www.recordchina.co.jp/a146825.html 
 
=管理人補足=
去年のニュース動画です。ご参考までに。

google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
姿表わす'永宗島(ヨンジョンド)浜辺公園' / YTN
2015/05/30に公開
 
[アンカー]
ソウル、首都圏に隣接していて仁川(インチョン)空港がある永宗島(ヨンジョンド)に大規模浜辺公園が造成されているんですが、レールバイクと展望台同じ主な施設が徐々に姿を表わしています。イ・サンスン記者が行ってきました。

[記者]
仁川(インチョン)、永宗島(ヨンジョンド)南側海岸に造成中である'シサイドパーク'です。長さが8kmに達して、海岸に接している部分だけ汝矣島(ヨイド)面積に匹敵ほど大きいです。干潟と塩田、渡り鳥、歴史文化などをテーマに5個の小公園が入る予定です。 来月からはそれぞれの小公園が順次工事が終わります。

[アン・テファン、LH英宗事業団次長]
"空港に来る人々をみな包容できる公園を作る、すぐにそのような概念を導入しましたし、 英宗空都市の30%以上を公園にしたので境的にやさしい..."

浜辺公園中央には大規模広場があって、その間を長さ5.7kmレールバイクがあります。人工滝と乳児用水遊び施設などもあるので家族単位外出客に人気を呼ぶと見られます。渡り鳥を主題にした公園にはあちこちにある眺望台で各種渡り鳥を観察できます。また、キャンプ場が入った過去の塩田の場所にはウッドデッキが設置されて塩田の上を歩くこともできます。

公園建設初期160台に過ぎなかった駐車場は3千代以上受け入れるように拡張し、不便は大きく解消されました。

また、満潮の時台風を備えて作っておいた防波堤には各種タイルで壁画を作る予定なので、ひとまず美観上問題点は改善されたという評価です。

英宗シーサイドパーク造成工事が今年の年末に終えられればソウル首都圏地域の新しい名所になる見込みです。

YTNサンスンです。