1:2016/08/06(土) 20:05:17.95 ID:
f2d2abb3.jpg

サムスンの腕時計型端末の特許申請書類に、明らかにApple Watchを描いた図が複数掲載されています。既にデザイン特許を取得しているApple Watchの図であることについて、注釈もありません。

・言い逃れできないレベルでApple Watchに酷似

サムスンが「ウェアラブルデバイス」のタイトルでアメリカの特許商標庁に提出した特許申請書が、現地時間8月4日に公開されました。

「バンドの交換が可能な腕時計型端末」に関する特許申請書類の中に、明らかにApple Watchを描いた図解が複数含まれている、とAppleの特許情報に詳しいPatently Appleが報じています。

サムスンが提出した特許申請書類には、40点以上の図解が含まれていますが、その中の「FIG.10」と「FIG.11」は、明らかにApple Watchです。そして、特許申請書のどこにも、この図解が示しているのがAppleの製品であることについて
言及されていません。
a34d430a.jpg

Apple Watchのデザインは、既にデザイン特許を取得しています。サムスンの技術者たちが、どういった意図で特許申請書にApple Watchのデザインを入れているのかは不明です。

Business Insiderによると、「FIG.11D」はAppleが公開している製品写真そのままで、「偶然似ただけだ」という言い逃れの余地はありません。
f77cd6fd.jpg

なお、サムスンは「折り畳み可能なスマートフォン」の特許を申請した際の申請書には、画面に「iPod」のアイコンが含まれていました。

・サムスンとAppleの特許侵害裁判、著名デザイナーらがApple支持の助言書

サムスンがiPhoneのデザインを模倣したとAppleが訴えて、2011年から約4年にわたり両社は法廷闘争を繰り広げました。その後、サムスンがAppleに5億4,800万ドル(約550億円)を支払うことで合意しました。しかし、合意の2週間後、サムスンはこの判断の見直しを求め連邦最高裁判所に上訴しています。

10月に審理が開始される両社の争いに対して、ファッションデザイナーや産業デザイナー、学識経験者ら111名が、Appleを支持する法廷助言書を現地時間8月4日、連邦最高裁判所に提出しています。

Source:Patently Apple, Business Insider, 米国特許商標庁(サムスンの特許申請書)
http://www.patentlyapple.com/patently-apple/2016/08/samsung-caught-using-apple-watch-design-figures-in-a-recent-patent-filing.html
http://www.businessinsider.com/samsung-patent-includes-apple-watch-drawings-2016-8
http://pdfaiw.uspto.gov/.aiw?PageNum=0&docid=20160223992&IDKey=56039FDC09DF&HomeUrl=http%3A%2F%2Fappft.uspto.gov%2Fnetacgi%2Fnph-Parser%3FSect1%3DPTO1%2526Sect2%3DHITOFF%2526d%3DPG01%2526p%3D1%2526u%3D%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.html%2526r%3D1%2526f%3DG%2526l%3D50%2526s1%3D20160223992.PGNR.%2526OS%3D%2526RS%3D

(hato)

iPhone Mania 2016年8月5日 23時07分
http://iphone-mania.jp/news-128569/