1:2016/08/06(土) 23:14:04.72 ID:
b06613ef.jpg
写真はソウル・漢江。

2016年8月5日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権下で進められた河川の水質検査用魚ロボットの開発に際し、業者らから莫大(ばくだい)な金額の賄賂を受け取っていた容疑で起訴された研究員に実刑が言い渡された。

韓国水原地裁は5日、収賄などの容疑で起訴された韓国生産技術研究院所属のユ研究員(54)に対し、懲役7年と罰金1億6000万ウォン(約1460万円)、追徴金1億ウォン(約910万円)の支払いを命じる有罪判決を言い渡した。地裁は量刑理由として、ユ研究員が捜査の過程で虚偽の証拠をつくるなどし、誠実に業務に当たっている科学分野の研究員らの名誉を傷つけたと説明した。

ユ研究員は13年3月、魚ロボットを開発した2つの業者から1億ウォンの賄賂を受け取り、試作品を検収したように見せ掛け物品の代金9000万ウォン(約820万円)余りを受け取っていたとして起訴された。

この魚ロボットは10年、朝鮮半島の4大河川を運河で結ぶという大計画を打ち立てていた李明博前大統領の指示の下、4大河川の水質汚染を防ぐためとして57億ウォン(約5億2000万円)を投じ開発されたもの。しかし14年に行われた監査院の監査以前に9台中7台がすでに故障、また残る2台のうち1台はテスト中に故障し監査ができず、最後の1台は当初の目標とは懸け離れた性能数値をたたき出していた。

今回の判決を受け、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「希代の詐欺」
 
「本当に罰を受けるべき人は?」
 
「すべての元凶、李明博はどうなる?」
 
「1億ウォンで7年なら、李明博は処刑ものだよ」
 
「57億ウォン…前大統領は詐欺容疑で逮捕できないの?」
 
「4大河川事業が国の経済をすべて駄目にした」
 
「李明博時代に行われたことにはすべて不正が絡んでいるとみていい」
 
「おもちゃの魚を作れと言った李明博も捕まえて」
 
「本当の大泥棒が他にいるのに自分だけ捕まって悔しいだろうね」
 
「でも今考えれば、朴槿恵(パク・クネ)よりは李明博の方がましだったな」
 
「出た!伝説級のがらくた、魚ロボット」
 
「頭には触らず尻尾だけを切り落とす。おかしな韓国」
 
(翻訳・編集/吉金)
http://www.recordchina.co.jp/a146871.html 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
「韓国って、費用対効果悪そうだなw」 ⇒ 【韓国】57億ウォン浪費した「魚ロボット」、研究課題設定の失敗例(2015/04/27) ←画像1枚あります。
「やっぱり水車から始めるべき?!w」 ⇒ 【韓国】約57億ウォン掛けて作った4大河川『ロボット魚』、9台中7台が既に故障=「泳げない不良品」(2014/07/31)
 
=管理人補足=
ご参考までに。
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
57億だ「4大河川ロボット魚のパフォーマンス操作 KBS News
2014/07/30に公開
 
<アンカーコメント>
4大河川事業の後の河川が汚染したのかを監視するために開発されたロボット魚が不良品と明らかになりました。57億ウォンの予算だけ飛ばしたことなりました。ホンスジン記者です。

<レポート>
2009年4大河川事業が環境破壊の議論に、李明博大統領は、汚染測定用ロボット魚を紹介します。

録音李明博(元大統領/ 2009年):
「これは魚ではなく、ロボットなのに歩き回りながら、汚染されたところがあれば、中央センターに通知します。 」

その後、韓国生産技術研究院などが4年間57億ウォンをかけて本格的に開発に乗り出し、昨年、政府は、開発の成功を判定しました。
ところが、監査院がこのロボット魚の性能を測定してみたところ、すべての不良品であることで明らかになりました。

生産技術研究院は、ロボット魚が1秒に2.5メートル泳ぐと発表しましたが、実際には23センチメートルに過ぎました。

水中通信速度と距離も大きな差が出て性能を大幅に膨らませていたことが確認されました。ロボット魚9大衆7台が故障やており、テスト自体が難しいほどでした。

インタビューパク・ワンギ(監査院戦略監査団第1課長)
「7台故障した状態であり、残りの二台のうち一台さえも(テスト中)が壊れて、もう運営が不可能な状態でした。」

監査院は、ロボット魚の源泉技術として認められた特許も多くは、信頼性が疑われるとし、研究責任者の2人の懲戒を要求しました。

KBSニュースホンスジンです。
 
 
以下、日本のものです。
KBSのニュース動画と比較出来るよう古い動画のご紹介です。
用途が異なるため、一概に比較はできませんが、ご参考までに。
2012/06/15 に公開
2012年6月15日 日本最大の玩具見本市「東京おもちゃショー2012」が、東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まりました。日本国内外の144社が約3万5000点の商品を展示しています。

本物の魚と同じような動きをする、タカアトミーアーツのロボフィッシュ(1500円)。
電池で動きます。魚の尾の部分が通電のスイッチになっています。
早い動きとゆっくりの動きをランダムに設定。
尾のランダムの動きだけで魚のように見えるといいます。
 
【魚ロボット】海洋学部ワンダフルマリンアニマルズ 平成25年度
2014/04/12 に公開
 
海洋楽研究所の林正道氏に師事を仰ぎ私たちが制作した魚ロボット達の紹介映像です。
・ネコザメ
・アカシュモクザメ
・バンドウイルカ
・カクレクマノミ
・カクレクマノミ(子)
・ラブカ
 
 
最後に、2015年のタカラトミーのロボフィッシュです。