412555.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/08/13(土) 12:42:55.17 ID:
【8月13日 AFP】
 
リオデジャネイロ五輪の飛び込みでは12日、不気味な緑色に変色したプールの水を青色に戻すための緊急処置として競技会場が閉鎖され、選手が水のない施設で練習することになった。問題のプールでは、一部の選手から臭気がするとの苦情も出ている。

大会組織委員会は、今週に入ってから突然緑色に変わったプールの清掃が予想よりも長い時間と複雑なプロセスが必要になったと認めた。

隣接する水球のプールも同じく緑色に変色しており、水を青色に戻そうとして専門家が塩素レベルを高めたところ、選手から目が痛くなったとの声が出たため、会場を閉鎖することになったという。

大会組織委員会の広報を務めるマリオ・アンドラーダ(Mario Andrada)氏は、「実際の化学反応は、精密化学の通りにはいかないことを学んだ」とすると、「予想より長くかかっている。まずプールを清掃して水を正常にする必要があるため、今朝の練習がキャンセルになった」と説明した。

英国の飛び込み代表選手のトム・デイリー(Tom Daley)は、競技会場の閉鎖について、「この数日間、僕たちが最悪な何かに飛び込んでいたなんてことがないように願う」とツイッター(Twitter)に投稿した。

一方、ドイツのシュテファン・フェック(Stephan Feck)にとって閉鎖は好都合だったようで、会場の異臭についてフェイスブック(Facebook)で報告した。

フェンクは自分の鼻をつまんでいる写真を添えて、「練習しようとしていた直後に、プールが閉鎖されたんだ。誰かおならしたような臭いが会場全体に漂っていた」とコメントしている。

アンドラーダ氏は水質について選手への危険はないと改めて強調していたものの、目が痛むとの苦情を受けて塩素レベルを緩和したと明かした。

「ただちに(塩素の)量を減らした。再検査したところ水質は完全に許容範囲内であり、この問題については衛生の専門家も把握している。選手たちには最低限の練習ができる施設を用意した。理想的ではないが、今回の問題では水質を改善して元の状態に戻すことが最優先事項だ」

(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3097350 
 
=管理人補足=
2016/08/10 に公開
Olympic organizers are investigating after the water in the diving well and the water polo pool mysteriously turned green.