1:2016/08/14(日) 07:27:00.96 ID:
66b7f042.jpg 
 
e389cbe5.jpg 

 今月6日、韓国北東部の江原道・江陵にある鏡浦海水浴場に出かけたイ・ヒョンジュンさん(32)がはだしで夜の砂浜を歩いていたところ、捨てられたビールの空き缶を踏んで足の裏が切れた。イさんは「保健所に治療を受けに行くと、ごみによるけがで訪れる人が1日5-6人いると言われた。子どもたちが割れた瓶の破片や空き缶を踏んだら大けがしかねないのに、みな何も考えずにごみを捨てているようだ」と憤りをあらわにした。

 鏡浦海水浴場には、避暑客が捨てたごみがあちこちに散らばっていた。長さ1.8キロほどの砂浜で、週末の6日から7日にかけての1晩で6トンのごみが出た。「ごみの無断投棄禁止」「喫煙禁止」と書かれた横断幕のすぐ下にも、食べ残しや吸殻がたくさんあった。割れた酒瓶の破片もあちこちに捨てられていた。

 7日午前2時、西部の忠清南道・保寧にある大川海水浴場の砂浜では100組ほどがござを敷いて宴会をしていた。午前3時ごろ、潮が満ちて海水が近くまで迫ってくると、酒に酔った人々はあわててその場から離れ始めた。後片付けをしない人もいたため、カップラーメンの容器やチキンの食べ残し、焼酎瓶やビール瓶などが海水にさらわれて海の上を漂った。見かねた一部の避暑客は、自ら海に入ってごみを回収した。

 京畿道から訪れたクォン・ヒョクトゥクさん(26)は「大川海水浴場には初めて来たが、ごみが浮いているのを見て、もう来たくないと思った」と語った。

 6日から7日にかけて大川海水浴場で排出されたごみは55.4トンで、保寧市全体で普段1日に出されるごみの量(60トン)に匹敵するほどだった。南東部・釜山の海雲台海水浴場の秩序維持員を務めるキム・ユンソンさん(21)は「砂浜で夜通し酒盛りをする避暑客たちがごみ投棄の主犯」と批判している。

 夏休みシーズンのたびに全国の人気海水浴場が巨大な「ごみ捨て場」と化す状況が、今年も起きている。自治体と保健福祉部(省に相当)は今年、主な海水浴場に人員を投じて禁煙と節度のある飲酒、ごみのポイ捨て防止を訴えるキャンペーンを実施しているが、例年に比べほとんど改善がないと指摘されている。

 自治体は夏休みシーズンに清掃員を数倍に増やすなどの対策を取っているが、とても十分とはいえない。保寧市は大川海水浴場の環境美化員を従来の10人から60人に増やし、毎日午前4時から午後8時まで海辺を掃除させている。海水浴場オープン期間(6月18日から8月21日まで)のごみ処理のための人件費、焼却場運営費として計3億3500万ウォン(約3100万円)の予算を追加で投じた。

 早朝からごみを回収していた環境美化員のチョン・スンホさん(65)によると、砂浜1キロを掃除するだけでごみ袋25枚分、1750リットルのごみが集まるという。

 江陵市はごみのポイ捨てを防ぐため、今年は砂浜に60個のごみ箱を設置した。だが、7日早朝にごみを回収していた54人の環境監視員は「どれだけごみ箱があっても砂浜にポイ捨てする人が多くて役に立たない」と口をそろえた。

 江陵警察署の関係者は「2012年に飲酒による暴力の根絶を目指して海水浴場での飲酒を取り締まった際には、ごみも例年の半分に減った。地元業者の反対で再び飲酒を許可したが、海水浴場がごみ捨て場と化すのを防ぐため、飲酒の取り締まり再開を検討している」と伝えた。

釜山=権慶勲(クォン・ギョンフン)記者 , 江陵=チョン・ソンウォン記者 , 保寧=キム・ソクモ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/12/2016081201378.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/12/2016081201378_2.html