1:2016/08/21(日) 20:02:45.50 ID:
中国が開発した道路をまたぐバス。このバスは1階部分がぽっかり空いており、車の渋滞を解消するという画期的なものだった。

昨年ミニチュアが作られ、つい今月2日には300メートルのテスト走行を行った。1台300人を輸送できるという夢のようなこのバス。このバスの規格にあった道路の整備などインフラを整える必要もあるが、渋滞が30%も緩和され、総工費は地下鉄の5分の1だという。

バスの名前は『トランジット・エレベーテッド・バス(TEB)』で、中国のマスコミが大々的に報道し世界中が取り上げた。

しかしこのバスが不法投資資金を集めるための詐欺だったことが発覚。中国メディアの取材の結果、退職高齢者の退職金を狙った詐欺だったことが明らかになった。中国メディアは「公共バスは道路条件上実現化する可能性はない」「まだSNSを介して詐欺を狙っている」と伝えている。

 


 

ffc01b7c.jpg 
 
81b5af36.jpg
 
ゴゴ通信
http://gogotsu.com/archives/20886

元記事 韓国語
http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=72046
 
=管理人補足=
記事内の動画は個人公開の動画のため、他の動画をご紹介します。

google・excite翻訳です。
 
全世界を驚かせた中国の'トンネルバス'は詐欺? / YTN (Yes! Top News)
2016/08/16に公開
 
[アンカー]
この前中国で新概念公共交通手段であるトンネル バスが初めての試験運行に成功したといって全世界言論の注目をあびましたが。 詐欺である可能性が大きくなっています。試験運行をしたバスは、実際の製品ではなく、モデルに過ぎず、高齢者のお金を狙った投資詐欺状況も明らかになっています。
北京パク・ヒチョン特派員が報道します。

[記者]
去る2日初めての試験運行に成功したいわゆるトンネル バスです。ぽっかり空いたバス下へ自動車が走れるように設計されたのが特徴です。一度に乗客を1,200人まで焼くことができます。その上製作費用も地下鉄電車の20%に過ぎなくて交通渋滞を解決できる未来型交通手段で期待を集めました。
 
だが、これら全部が一つの詐欺である可能性が大きくなっています。

まず試験運行をしたバスは実際の製品でない模型だったことがわかりました。中国新警報はこのバスが実用性と安全性で実際に運行できないにせ物だと報道しました。

バスの下が過度に低くて他の車両運行に影響を与えるだけでなく乗客がみな脱場合、とても重くて路面をき損できるということです。また曲がった道をまともに通過できなくて交差点通過問題も解決できないと指摘しました。

業者側が来年から商用化作業に着手するといったが、生産工場が入る敷地はガランと空いていると伝えられました。

引退高齢者たちのお金を狙った投資詐欺の可能性まで提起されました。

環球時報トンネルバスプロジェクトの背後にオンライン著作権金融業者が挟まっていると報道しました。
 
北京でYTNパク・ヒチョンです。