4ff73c912143fe5a55a4bb1b29d27262_s[1] 
(イメージです。)


1
:2016/08/25(木) 13:52:50.70 ID:
 韓国発で世界に広がったキムチ。韓国人であれば、誰もが好み、食事になくてはならない副食と思われてきた。だが、大阪・ミナミで、訪日した韓国の若者に聞くと、「辛いものは食べられない」「なくても暮らせる」「食べても1切れか2切れ」などという声が聞かれた。キムチより日本由来のタクアンが好きという人もいた。韓国では、白菜キムチの摂取量がこの5年間に21%も減少しており、政府系研究所の調査では、1年間に1度もキムチを食べなかったという回答が2・5%を占めた。食習慣の西洋化が背景として指摘されている。韓国の食文化に何が起きているのか。(張英壽)

キムチがなくても…洋食、日本食へ

 1日3食のうち何食でキムチを食べるか。韓国語がそこかしこから聞こえる大阪市中央区の道頓堀界隈(かいわい)。韓国からやってきた若い観光客に、この質問をぶつけてみた。

 「私は普通の韓国人のようにキムチが好きではない。辛いのは食べられない。1食だけです」

 こう答えたのは、韓国南東部の大都市、大邱市の男性警察官、尹徳(ユン・ドク)さん(24)だ。

 「そのほかの食事はファストフードとか洋食とか日本食などですね」

 ソウル市の女子大学生、崔佳英(チェ・カヨン)さん(22)は「1食食べるかどうか。食べるときでも1切れか2切れ」。ほかの食事は「回転ずしやスパゲティ、それにラミョン」という。ラミョンとは、ラーメンのことだが、韓国ではほぼインスタントラーメンを指す。必ずキムチと一緒に食べるのだが、佳英さんは「キムチとは食べない」という。

http://www.sankei.com/west/news/160825/wst1608250009-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/160825/wst1608250009-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/160825/wst1608250009-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/160825/wst1608250009-n4.html
http://www.sankei.com/west/news/160825/wst1608250009-n5.html
http://www.sankei.com/west/news/160825/wst1608250009-n6.html
http://www.sankei.com/west/news/160825/wst1608250009-n7.html